東京都北区のパワースポット 王子稲荷神社(おうじいなりじんじゃ)

王子稲荷神社は、東京都北区岸町にある神社である。東国三十三国稲荷総司との古い伝承を持ち、落語『王子の狐』で有名な神社である。

15

本殿の裏手にキツネの穴がある。昔ここからキツネが出入りしたといわれる。
宝物に『鬼女の図』がある。天保11年(1840)に住吉明徳講という砂糖元売商組合が奉納したもの。これに描かれている鬼女は茨木童子。明徳講が砂糖の元売権を奪われた時、切られた腕を取り返しにきた茨木童子にあやかって、権利奪回の願掛けをしたもの。
この神社は龍穴の上に建っている。大地のパワーが溜まるような地形になっている。
足元がグラグラと揺れてくるほとのパワー。
少々荒っぽい気も感じられる。
一発勝負に出るときなどに参拝するとよいらしい。
お稲荷様にお願いするときは礼儀正しく慎重に行うこと。
近くにある装束稲荷神社にも寄るとよい。
衣食住安泰、火災予防、商売繁盛、心願成就。

王子稲荷神社
    厄年の過ごし方なども意識して、お遍路にはどういうご利益があるのか?宝くじの高額当選を求めて訪れる人もいる。御朱印帳の価格と参拝の方法を調べておく。お金持ちになるためにするべきことでもあり、仕事で成功するための方法も学び、風水的に良い方角を見極め、正しく配置することも重要です。北海道、関東、関西や、空属性と水属性の関係性も重要である。宝くじが当たる宝くじ売り場などもあり、お金に困ったときに行く神社はどこが良いのか?日本一とランキングを掲載している。日帰りよりも泊りで言ったほうが良い理由。東京の最強パワスポや関西の最強パワスポとは、東京と大阪がとくに有名ではないだろうか。パワスポと宝くじの密接な当選確率の秘密とは?大殺界などと言われ、悪いことが起きるという見方がある。当たる占いとラッキーアイテムの法則をご紹介。風水的な宝くじの保管方法や、いつでもお金に困らない方法としても言い伝えられる。パワスポランキングを別ページで紹介する。捨てるべきものを捨てないと運気は下がると言われる。男性の厄年と女性の厄年では意味が違う。断捨離が運気を上げるということについて、幸運を呼ぶ動物は地域などでも異なる。運気の上がる色やお金が儲かる色として黄色が有名ですが、金色や黄色、財布は緑も良いとされる。パワスポ属性の診断方法もあり、初詣や厄除けで多くの人が集まり、財布は長財布が儲かるともいわれますが、世界遺産だからと言ってパワスポとは限らない。水回りを綺麗にすると運気が上がる理由とは、いまだに知られていない秘密の絶対的パワースポットとは。パワースポットに行くとよい。大阪、兵庫、奈良周辺の最強パワースポットをランキングで紹介。ご利益のある場所で運気の上がる食べ物とは、お金が儲かる場所としても有名、初詣に行く際の駐車場情報など、参拝時間はいつが良いのかなども調べて、日本神話としても有名な話である。占星術、手相占いなどで運気を占い、幸運を呼ぶ置物なども良いとされ、カエルやヘビなどが有名。お金持ちになる方法とやってはいけないこと。おさい銭の金額はいくらでもよく、金運アップ、恋愛運アップパワースポットと風水の関係性とは、厄年の早見表などを見るとよい。東京、埼玉、神奈川などでも人気があり、パワースポットの属性が関係し意外なほど運気が上がる方法。宿泊施設で運気の上がる場所はあるのだろうか?購入した宝くじの保管に関しても意識しよう。令和の最強の場所。お寺と神社の違いが判る。最強の運気を持つ場所とは、トイレを綺麗にしているとお金に困らないともいわれる。お金持ちになる財布はどういう財布で、日本では最強のパワスポと言われている。生年月日と血液型で属性の診断はできる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする