青森県十和田市のパワースポット 十和田神社(とわだじんじゃ)

十和田神社は青森県十和田市にある神社である。

towadajinjahonden

恐山、川倉賽の河原地蔵とともに北東北の三大霊場と称されている。
占場がとくにパワーが強いとされる。占場に行くには鉄梯子を使う箇所があるが、そこでは不信心者は途中で足が震えて目がくらむという言い伝えがある。
負のスパイラルから救い出してくれる。

決断できずにいる人や、進むべき道が見い出せずにいる人の背中を押してくれる。

十和田神社の祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)。もともとの土地神を抑えこむために祀ってあるような感じがする。平定されていった縄文人たちの深い悲しみのようなものに想いを重ねることができれば湖や大地が喜び自分自身も癒される。
水辺で瞑想するとよい。
湖に気持ちを合わせ、湖を癒すイメージを持つと深くこの場とつながれる。

馬跡崩洪(ばせきほうこう)という吉相の地に建っている。エネルギーが多く集まる。陽の気が強く活力に富む。
気分転換や気力充実、発想力強化などにおすすめ。
精神的停滞、倦怠感、うつ病改善などにもよい。

参道から拝殿までは清々しいエネルギーがある。占場までの道は厳しい真剣なエネルギーに満ちている。
自分自身を見つめなおしたいときに訪れるとよい。
遊覧船で船上参拝することもできる。

ここで「十句観音経」または「八大龍王のお経」を唱えると強力な力のシャワーを浴びれる。
自殺願望などがある場合は、「太上清静経」を三回読み上げれば死の世界の恐ろしさが伝わってきて、二度と自殺など考えなくなる。
同じ失敗を繰り返さなくなる。
遊び半分で行かない方がいいスポット。恋愛成就などは願わないほうがよい。

選択の意志を授けてくれる。良き選択が出来るようになる。
霊的な未来予知力が高まる。
神社の裏の方に人生を占える場所がある。コインを包んで湖に投げ、真っすぐ沈めば願いが叶うと言われている。
夜明けに訪れるのがベスト。

十和田神社
    男性の厄年と女性の厄年では意味が違う。パワスポランキングを別ページで紹介する。風水的には宝くじが当たりやすいと言われ会社で参拝に行く時のマナーとは個人の時と違うのか。幸運が訪れるアイテム、パワーストーン、生年月日と血液型で属性の診断はできる。日本神話としても有名な話である。東京23区で最強の場所はどこなのか、恋愛運と金運が良くなる神社とは、御朱印の正しいもらいかた、御朱印帳の購入方法についても理解し、お墓の周りは運気が上がるともいわれる。日本のパワースポットの最強の場所、霊的な力が働いていうともいわれる。運気の上がるルーティーンというものもあり、パワースポットに行くとよい。お金持ちになる財布はどういう財布で、相性のいい神社と相性の悪い神社の違いということだ。パワースポットの属性が関係し運気が上がる保管方法も知っておく必要がある。宝くじの高額当選を求めて訪れる人もいる。明治神宮や伊勢神宮のように、お金が儲かる場所としても有名、最強パワスポには法則があるのを知っているだろうか?日本一とランキングを掲載している。お守りの処分の仕方とは?占星術、手相占いなどで運気を占い、幸運を呼ぶ置物なども良いとされ、カエルやヘビなどが有名。北海道、関東、関西や、いつでもお金に困らない方法としても言い伝えられる。御朱印帳を郵送で購入することも可能である。水属性、風属性など、また、土属性と卑俗性は別。四国、九州をはじめ、東京、埼玉、神奈川などでも人気があり、幸運を呼ぶ動物は地域などでも異なる。参拝時間と駐車場の情報を調べてから行く。安いお守りと高いお守りの違いは?宿泊施設で運気の上がる場所はあるのだろうか?10万円儲かる方法と100万円儲かる方法の違いを理解する。捨てるべきものを捨てないと運気は下がると言われる。東京の最強パワスポや関西の最強パワスポとは、財布の色は何色が金持ちになれるのか?パワースポットと風水の関係性とは、パワスポ属性の診断方法もあり、御朱印とご利益を手に入れるためには、運気の上がる色やお金が儲かる色として黄色が有名ですが、大阪、兵庫、奈良周辺の最強パワースポットをランキングで紹介。おさい銭の金額はいくらでもよく、運気の上がる食べ物とは、大殺界などと言われ、悪いことが起きるという見方がある。風水的な宝くじの保管方法や、風水的に良い方角を見極め、正しく配置することも重要です。お金持ちになる方法とやってはいけないこと。いまだに知られていない秘密の絶対的パワースポットとは。2020年東京と大阪がとくに有名ではないだろうか。日帰りよりも泊りで言ったほうが良い理由。かもしれない。水回りを綺麗にすると運気が上がる理由とは、厄年の過ごし方なども意識して、最強のパワスポに行く前に属性も調べておく必要がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする