千葉県館山市のパワースポット 安房神社(あわじんじゃ)

安房神社は、千葉県館山市にある神社。式内社(名神大社)、安房国一宮。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。
別称として「大神宮」とも。神話の時代に阿波国より渡ってきた忌部氏による創建とされる。

0977f7261b8505f4e50fb8c2a18b7520

「上の宮」と「下の宮」がある。
上の宮には天太玉命(あめのふとだまのみこと)が主祭神として祀られている。相殿神として忌部氏の祖とされる忌部五部神も祀られている。
下の宮には天太玉命の孫神である天富命(あめのとみのみこと)と、兄弟神である天忍日命(あめのおしひのみこと)が祀られている。
天富命は神武天皇の命を受け四国の阿波国を開拓した神。さらに新しい地を求めて忌部氏を引き連れ船で漕ぎ出し、たどり着いたのがここ千葉県館山市のあたりだったという。
交通安全、心願成就、良縁成就。発想力、知恵、行動力などを授けてくれる。
人々を喜ばせるイベント、事業計画、システム開発などに大きな力を貸してくれるという。
願いを具体的にして祈るとよいと言われており、奇跡を起こすらしい。
なるべく昼間に行くと良い。夜に行くとパワーが強すぎるとか。

安房神社
    最強のパワースポットともいわれている。パワスポと宝くじの密接な当選確率の秘密とは?いまだに知られていない秘密の絶対的パワースポットとは。令和の最強の場所。最強のパワスポと世界遺産。明治神宮や伊勢神宮のように、購入した宝くじの保管に関しても意識しよう。初詣や厄除けで多くの人が集まり、占いと風水学の違いというものも理解し、当たる占いとラッキーアイテムの法則をご紹介。パワスポランキングを別ページで紹介する。お金持ちになる財布はどういう財布で、風水的には宝くじが当たりやすいと言われ霊的な力が働いていうともいわれる。神社のご利益は正しい参拝で行い、お金に困ったときに行く神社はどこが良いのか?鳥居のくぐり方などの正しい参拝方法は知っておくとよい。相性のいい神社と相性の悪い神社の違いということだ。トイレを綺麗にしているとお金に困らないともいわれる。引っ越すときに風水も考えたほうが良い。ご利益のある神社へ行くべきだ。御朱印帳を郵送で購入することも可能である。東京、埼玉、神奈川などでも人気があり、有名人、芸能人が多く訪れる神社であり、パワースポットに行くとよい。幸運の石を手に入れるための方法。運気の上がる色やお金が儲かる色として黄色が有名ですが、厄年の過ごし方なども意識して、幸運を呼ぶ置物なども良いとされ、カエルやヘビなどが有名。水属性、風属性など、また、土属性と卑俗性は別。幸運を呼ぶ動物は地域などでも異なる。東京23区で最強の場所はどこなのか、財布の色は何色が金持ちになれるのか?運気が上がる保管方法も知っておく必要がある。幸運が訪れるアイテム、パワーストーン、日帰りよりも泊りで言ったほうが良い理由。お寺と神社の違いが判る。お金持ちになる方法とやってはいけないこと。運気の上がる食べ物とは、パワースポットと風水の関係性とは、運気の上がるルーティーンというものもあり、金色や黄色、財布は緑も良いとされる。最強のパワスポに行く前に属性も調べておく必要がある。占星術、手相占いなどで運気を占い、世界遺産だからと言ってパワスポとは限らない。パワースポットの属性が関係し日本神話としても有名な話である。お守りはいくらくらいの物を買えばよいのか?お墓は風水的にはどこがいいのか?宿泊施設で運気の上がる場所はあるのだろうか?水回りを綺麗にすると運気が上がる理由とは、お守りの処分の仕方とは?東京と大阪がとくに有名ではないだろうか。財布は長財布が儲かるともいわれますが、風水的に良い方角を見極め、正しく配置することも重要です。四国、九州をはじめ、かもしれない。もしかしたらお金持ちになる財布には共通点があると言われ、仕事で成功するための方法も学び、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする