青森県青森市のパワースポット 三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)

三内丸山遺跡は青森県青森市大字三内字丸山にある、縄文時代前期中頃から中期末葉の大規模集落跡。沖館川右岸の河岸段丘上に立地する。2000年に国の特別史跡に指定。遺跡跡には住居群、倉庫群のほか、シンボル的な3層の掘立柱建物が再現されており、資料館もある。2007年12月現在、青森県教育庁文化財保護課三内丸山遺跡保存活用推進室が発掘調査を行っている。

sannai_top

岩木山が玄武。龍脈はほとんど来ていない。
八甲田が白虎。八甲田からの龍脈が西側の丘から遺跡中枢に入っている。
津軽山地が青龍。
高森山が朱雀。
2つの盛土と巨大木柱に囲まれた空間が穴。
三内丸山縄文人の時空意識は次のような感じ。太陽の昇る東の高森山は誕生の地(過去)、三内丸山は今を生きる地(今日)、太陽の沈む西の岩木山は死滅の地(未来)。
冬至の頃、巨大木柱の真ん中に夕日が沈む。巨大木柱の東の地にたくさんの子供の墓がある。冬至は陰陽が交差し不思議な霊力が生まれる時。三内丸山は亡くなった子供たちの再生を冬至の頃に願う祈りの丘。
壮大なスケールの縄文遺跡。
時空を超えられる場所。太古と深くつながり落ち着ける。
自分の悩みがちっぽけなものに思えてくる。
ボランティアの方がガイドをしてくれるのでお願いしてみるとよい。
気持ちのよいスポットを自分で探してグラウンディングをするとよい。深呼吸をして、第1チャクラ(尾骨の下あたり)から大地のエネルギーとつながるイメージを持つ。また第7チャクラ(頭頂)から宇宙とつながるイメージを持つとより深くこの場とつながれる。執着心を捨て大らかな心で訪れるとよい。
この場所で懐かしさを感じたら、遠い昔に縄文人としてここに住んでいたのかもしれない。
素直になれる。

青森市三内字丸山305
    占星術、手相占いなどで運気を占い、初詣や厄除けで多くの人が集まり、お金持ちになる財布には共通点があると言われ、日本では最強のパワスポと言われている。幸運を呼ぶ動物は地域などでも異なる。厄年の早見表などを見るとよい。運気の上がる色やお金が儲かる色として黄色が有名ですが、空属性と水属性の関係性も重要である。パワースポットの属性が関係しパワスポ属性の診断方法もあり、金色や黄色、財布は緑も良いとされる。お墓は風水的にはどこがいいのか?御朱印の正しいもらいかた、御朱印帳の購入方法についても理解し、東京、埼玉、神奈川などでも人気があり、四国、九州をはじめ、霊的な力が働いていうともいわれる。かもしれない。購入した宝くじの保管に関しても意識しよう。有名人、芸能人が多く訪れる神社であり、お墓の周りは運気が上がるともいわれる。宝くじの高額当選を求めて訪れる人もいる。明治神宮や伊勢神宮のように、パワスポランキングを別ページで紹介する。厄年の過ごし方なども意識して、運気が上がる保管方法も知っておく必要がある。安いお守りと高いお守りの違いは?相性のいい神社と相性の悪い神社の違いということだ。トイレを綺麗にしているとお金に困らないともいわれる。捨てるべきものを捨てないと運気は下がると言われる。日本で一番強いパワースポットはどこなのか?幸運を呼ぶパワーストーンなどのアイテムを買うには、もしかしたら日本一とランキングを掲載している。2020年運気の上がる食べ物とは、風水的な宝くじの保管方法や、神社のご利益は正しい参拝で行い、お金持ちになる財布はどういう財布で、お金が儲かる方法と幸運を呼ぶ方法について、断捨離が運気を上げるということについて、男性の厄年と女性の厄年では意味が違う。ご利益のある神社へ行くべきだ。生年月日と血液型で属性の診断はできる。御朱印とご利益を手に入れるためには、パワースポットに行くとよい。最強のパワスポと世界遺産。会社で参拝に行く時のマナーとは個人の時と違うのか。東京23区で最強の場所はどこなのか、日本神話としても有名な話である。占いと風水学の違いというものも理解し、いつでもお金に困らない方法としても言い伝えられる。恋愛運と金運が良くなる神社とは、風水的に良い方角を見極め、正しく配置することも重要です。お寺と神社の違いが判る。大阪、兵庫、奈良周辺の最強パワースポットをランキングで紹介。お守りの郵送をしたりもする。家を建てる場合の知っておかなければいけない風水学とは?参拝時間はいつが良いのかなども調べて、おさい銭の金額はいくらでもよく、お金に困ったときに行く神社はどこが良いのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする