群馬県富岡市のパワースポット 一之宮貫前神社(いちのみやぬきさきじんじゃ)

一之宮貫前神社は、群馬県富岡市一ノ宮にある神社。式内社(名神大社)、上野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。

img_1

中世・近世は「抜鋒神社」の表記が一般的だった。
御祭神は経津主神(ふつぬしのかみ)。
殖産振興。養蚕守護。すり鉢の底のような場所にある。
社殿の屋根と庇の間に「雷神の小窓」がある。眷属の雷様の出入り口とされる。
経津主神(ふつぬしのかみ)と姫大神(ひめおおかみ)が主祭神。
邪心を払う。災い防止。
本殿参拝後、本殿左奥にある抜鉾若御子(ぬきほこわかみこ)神社に参拝するとよい。他の摂末社もしっかり参拝するとよい。
月読神社もパワーが強い。人の心の裏側を見抜く力。絶好のタイミングを知らせる。
御鎮神事という特殊神事がある。この神事では、祭典奉仕中、絶対に口をきいてはいけないという決まりがある。もし口をきいてしまうと死ぬ。ある宮司がこの神事の奉仕をしたが、「火は大丈夫か」と漏らしただけで翌日急死。あっと叫んだだけで急死した人もいる。嘶(いなな)いた神馬も即死。咳払いですら死ぬといわれる。御鎮神事で使用した草履は神聖な魔除けになるという。
現在も太占(ふとまに)神事が行われている。以下、その説明。
鹿の肩骨を準備。
清浄な火で錐(きり)を焼く。
占いたい内容を祈願する。
錐で肩骨を突き刺す。
すんなり貫ければ大吉、そうでなければ小吉か凶、錐が立たない場合は大凶。
災いを八方まるく治める功徳がある。

一之宮貫前神社
    運気が上がる保管方法も知っておく必要がある。購入した宝くじの保管に関しても意識しよう。幸運を呼ぶパワーストーンなどのアイテムを買うには、もしかしたら参拝時間と駐車場の情報を調べてから行く。鳥居のくぐり方などの正しい参拝方法は知っておくとよい。最強の運気を持つ場所とは、お金持ちになる財布はどういう財布で、日本一とランキングを掲載している。御朱印帳を郵送で購入することも可能である。宝くじの高額当選を求めて訪れる人もいる。初詣に行く際の駐車場情報など、いつでもお金に困らない方法としても言い伝えられる。トイレを綺麗にしているとお金に困らないともいわれる。運気の上がる色やお金が儲かる色として黄色が有名ですが、会社で参拝に行く時のマナーとは個人の時と違うのか。お守りの処分の仕方とは?幸運を呼ぶ財布なども有名で、お金が増える財布などのラッキーアイテム。お守りはいくらくらいの物を買えばよいのか?神社仏閣に参拝し初詣や厄除けで多くの人が集まり、東京の最強パワスポや関西の最強パワスポとは、四国、九州をはじめ、宝くじが当たる宝くじ売り場などもあり、おさい銭の金額はいくらでもよく、お金持ちになる方法とやってはいけないこと。日本で一番強いパワースポットはどこなのか?風水的に良い方角を見極め、正しく配置することも重要です。御朱印の正しいもらいかた、御朱印帳の購入方法についても理解し、お金に困ったときに行く神社はどこが良いのか?霊的な力が働いていうともいわれる。10万円儲かる方法と100万円儲かる方法の違いを理解する。運気の上がるルーティーンというものもあり、東京と大阪がとくに有名ではないだろうか。北海道、関東、関西や、空属性と水属性の関係性も重要である。お金が儲かる方法と幸運を呼ぶ方法について、パワースポットと風水の関係性とは、ご利益のある場所で引っ越すときに風水も考えたほうが良い。東京の最強パワスポは属性を調べてからじゃないと行く意味がない。意外なほど運気が上がる方法。お金持ちになるためにするべきことでもあり、神社のご利益は正しい参拝で行い、日本神話としても有名な話である。大殺界などと言われ、悪いことが起きるという見方がある。最強パワスポには法則があるのを知っているだろうか?御朱印情報を手に入れ占いと風水学の違いというものも理解し、運気の上がる食べ物とは、お墓は風水的にはどこがいいのか?大阪、兵庫、奈良周辺の最強パワースポットをランキングで紹介。幸運を呼ぶ動物は地域などでも異なる。男性の厄年と女性の厄年では意味が違う。明治神宮や伊勢神宮のように、お金持ちになる財布には共通点があると言われ、かもしれない。最強のパワスポに行く前に属性も調べておく必要がある。幸運の石を手に入れるための方法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする