北海道札幌市のパワースポット 北海道神宮(ほっかいどうじんぐう)

北海道神宮は、北海道札幌市中央区にある神社。円山公園に隣接する。1964年(昭和39年)までは札幌神社。旧官幣大社であり、現在は神社本庁の別表神社。また、全国一の宮会より蝦夷国新一の宮に認定されている。

1

札幌を風水的に見ると、西は余市岳から、南は恵庭岳からの龍脈がきている。北西側は日本海に抜けており北西からの寒気を受けざるをえない立地。石狩川が東北の守り。
北海道の国魂神社(土地神様)。その土地の仕事、住まい、恋愛など様々な縁を結んでくれる。
第三鳥居をくぐると金運がアップするという話があるが、くぐっても特に変化なし。
第三鳥居を少し行ったところにある穂多木(ほたき)神社に金運アップのご利益あり。謙虚な気持ちで人と向き合うことができるようになる。
開拓神社には初心を貫く気持ちが強くなるご利益がある。
本殿には童心に戻ってリラックスできるご利益がある。
頓社(とんしゃ)の右側の狛犬をなでると恋愛運がアップする。学校での恋愛成就などによい。あまり強力ではないが、ちょっとしたラッキーな流れが生まれる程度のご利益がある。
1871年に現在の場所に社殿が建立され「札幌神社」と名づけられ開拓三神(大国魂神、大那牟遅神、少彦名神)を祀った。1964年に明治天皇を合祀したのを機に「北海道神宮」に改称した。
旺盛な開拓精神を授かる。
厳しい状況に耐えて勝つパワーを得られる。
人間関係の調和。
花見の名所としても人気。
初詣の参拝者数は道内一。
円山の北の麓にある神社。円山は金星の吉相の形をしている。北海道神宮は円山からのエネルギーの影響を色濃く受けている。
北海道神宮は円山からなだらかに平地へと移行してゆく場所にある。このような緩やかな傾斜は風水では「平化陽」と呼ばれ吉地とされる。
北海道神宮の境内には豊富な陽の気が集まっている。
元気のない時、落ち込んでいる時などに訪れて境内でしばらく過ごすと良い。
一歩踏み出す勇気が欲しいときなどにもよい。
勝負運、恋愛運、縁結び、金運などのご利益がある。

北海道札幌市中央区北海道神宮
    東京23区で最強の場所はどこなのか、ご利益のある神社へ行くべきだ。お金に困ったときに行く神社はどこが良いのか?パワスポ属性の診断方法もあり、捨てるべきものを捨てないと運気は下がると言われる。最強パワスポには法則があるのを知っているだろうか?東京と大阪がとくに有名ではないだろうか。水属性、風属性など、また、土属性と卑俗性は別。霊的な力が働いていうともいわれる。日本で一番強いパワースポットはどこなのか?御朱印帳の価格と参拝の方法を調べておく。会社で参拝に行く時のマナーとは個人の時と違うのか。相性のいい神社と相性の悪い神社の違いということだ。神社仏閣に参拝し世界遺産だからと言ってパワスポとは限らない。宿泊施設で運気の上がる場所はあるのだろうか?日本のパワースポットの最強の場所、日本一とランキングを掲載している。最強の運気を持つ場所とは、ご利益のある場所で鳥居のくぐり方などの正しい参拝方法は知っておくとよい。パワスポランキングを別ページで紹介する。お守りの処分の仕方とは?空属性と水属性の関係性も重要である。初詣に行く際の駐車場情報など、水回りを綺麗にすると運気が上がる理由とは、財布は長財布が儲かるともいわれますが、生年月日と血液型で属性の診断はできる。神社のご利益は正しい参拝で行い、風水的な宝くじの保管方法や、家を建てる場合の知っておかなければいけない風水学とは?幸運を呼ぶ財布なども有名で、参拝時間はいつが良いのかなども調べて、幸運を呼ぶパワーストーンなどのアイテムを買うには、運気が上がる保管方法も知っておく必要がある。仕事で成功するための方法も学び、当たる占いとラッキーアイテムの法則をご紹介。初詣や厄除けで多くの人が集まり、お金持ちになる財布には共通点があると言われ、運気の上がるルーティーンというものもあり、パワースポットと風水の関係性とは、運気の上がる色やお金が儲かる色として黄色が有名ですが、引っ越すときに風水も考えたほうが良い。東京、埼玉、神奈川などでも人気があり、最強のパワスポに行く前に属性も調べておく必要がある。日本神話としても有名な話である。四国、九州をはじめ、パワースポットに行くとよい。日本では最強のパワスポと言われている。お守りはいくらくらいの物を買えばよいのか?最強のパワースポットともいわれている。男性の厄年と女性の厄年では意味が違う。風水的には宝くじが当たりやすいと言われ宝くじの高額当選を求めて訪れる人もいる。お寺と神社の違いが判る。お金が儲かる方法と幸運を呼ぶ方法について、宝くじが当たる宝くじ売り場などもあり、有名人、芸能人が多く訪れる神社であり、お墓は風水的にはどこがいいのか?御朱印情報を手に入れ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする