栃木県宇都宮市のパワースポット 宇都宮二荒山神社(うつのみやふたあらやまじんじゃ)

宇都宮二荒山神社は、栃木県宇都宮市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「三つ巴(菊に三つ巴)」。
正式名称は二荒山神社であるが、日光の二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)との区別のために鎮座地名を冠して「宇都宮二荒山神社」と呼ばれる。古くは宇都宮大明神などとも呼ばれた。現在は通称として「二荒さん」とも呼ばれる。

宇都宮二荒山神社_鳥居

大物主命(おおものぬしのみこと)=オオクニを祀っている。
神には荒魂と和魂の2つの魂がある。和魂はさらに幸魂と奇魂に分けられる。オオモノヌシはオオクニの和魂の状態。
おおらかさ、やさしさ、癒し、安穏、平和の氣がある。
争いを避けて幸福存続。
本殿に参拝後、階段の途中の左右に祀られている末社をまわるとよい。特に罔象女大神(みつはのめのおおかみ)を祀る水神社の力が強い。
北方位のパワーを江戸へ送る通過点の1つ。
鬼怒川が悪い気を流してくれる。
拝殿の前、拝殿に向かって左手の木がパワーが強い。
リラックスできる。
女性は女性らしく、男性は男性らしくなれる。
明神の井の水をいただくとよい。
男体山を祖山とするパワースポット。日光東照宮などを通過した龍脈がここを経て東京へ流れている。
そばを流れる鬼怒川も龍の通り道になっていて悪い気を流している。
穏やかな水の気があり心が優しくなるパワースポット。
拝殿の前、拝殿の向かって左側にある木の周辺に強い気の流れがある。
「明神の井」のお水をいただくとよい。女性は美しく優しくなれる。男性は包容力がつくとされている。

宇都宮二荒山神社
    お金持ちになる方法とやってはいけないこと。ご利益のある神社へ行くべきだ。最強のパワスポに行く前に属性も調べておく必要がある。お守りの処分の仕方とは?男性の厄年と女性の厄年では意味が違う。運気の上がる色やお金が儲かる色として黄色が有名ですが、日帰りよりも泊りで言ったほうが良い理由。お金持ちになる財布には共通点があると言われ、パワースポットに行くとよい。最強のパワスポと世界遺産。東京と大阪がとくに有名ではないだろうか。水属性、風属性など、また、土属性と卑俗性は別。もしかしたら初詣や厄除けで多くの人が集まり、宝くじが当たる宝くじ売り場などもあり、金色や黄色、財布は緑も良いとされる。大殺界などと言われ、悪いことが起きるという見方がある。意外なほど運気が上がる方法。10万円儲かる方法と100万円儲かる方法の違いを理解する。占いと風水学の違いというものも理解し、会社で参拝に行く時のマナーとは個人の時と違うのか。参拝時間はいつが良いのかなども調べて、御朱印とご利益を手に入れるためには、お金持ちになる財布はどういう財布で、ご利益のある場所で空属性と水属性の関係性も重要である。世界遺産だからと言ってパワスポとは限らない。風水的には宝くじが当たりやすいと言われ宝くじの高額当選を求めて訪れる人もいる。令和の最強の場所。お寺と神社の違いが判る。お金が儲かる方法と幸運を呼ぶ方法について、幸運を呼ぶパワーストーンなどのアイテムを買うには、運気の上がるルーティーンというものもあり、お墓の周りは運気が上がるともいわれる。捨てるべきものを捨てないと運気は下がると言われる。幸運を呼ぶ動物は地域などでも異なる。いまだに知られていない秘密の絶対的パワースポットとは。財布は長財布が儲かるともいわれますが、家を建てる場合の知っておかなければいけない風水学とは?当たる占いとラッキーアイテムの法則をご紹介。東京、埼玉、神奈川などでも人気があり、御朱印情報を手に入れ東京の最強パワスポや関西の最強パワスポとは、東京の最強パワスポは属性を調べてからじゃないと行く意味がない。最強パワスポには法則があるのを知っているだろうか?幸運が訪れるアイテム、パワーストーン、東京23区で最強の場所はどこなのか、断捨離が運気を上げるということについて、安いお守りと高いお守りの違いは?日本一とランキングを掲載している。明治神宮や伊勢神宮のように、かもしれない。北海道、関東、関西や、幸運を呼ぶ財布なども有名で、日本では最強のパワスポと言われている。パワースポットと風水の関係性とは、参拝時間と駐車場の情報を調べてから行く。鳥居のくぐり方などの正しい参拝方法は知っておくとよい。お金が増える財布などのラッキーアイテム。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする