茨城県鹿嶋市のパワースポット 鹿島神宮(かしまじんぐう)

鹿島神宮は、茨城県鹿嶋市宮中にある神社。式内社(名神大社)、常陸国一宮。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。
全国にある鹿島神社の総本社。千葉県香取市の香取神宮、茨城県神栖市の息栖神社とともに東国三社の一社。また、宮中の四方拝で遥拝される一社である。

2bf54284

武甕槌大神は雷神。大和朝廷の武力の守護神。大国主神に国譲りさせた。神武東征の際、分身の神剣「布都御魂(ふつのみたま)」を降して神武天皇を助けた。布都御魂は石上神宮に鎮まっている。
日本最古最大の直刀がある。防人(さきもり)が出征前に武運長久を願った。「鹿島立ち」の語源。
社殿が北向き。蝦夷の地を睨んでいる。社殿の裏に御神木があり、その裏に鏡石(かがみいし)という霊石がある。
要石がある。地震封じの霊石。武術家の聖地。
もともと要石は地震の神であるタケミカツチの動きを鎮める呪物だった。タケミカツチ=木気。要石=金気。金剋木の理による対震呪術。後代になって地震の原因はタケミカツチではなく鯰とされるようになった。
タケミカツチはもともと蛇神。前向きになれる。精神力アップ。推進力、行動力、統率力アップ。
奥宮は悪に対して強い力がある。悪縁を断ちたい人におすすめ。要石の前は陽気が感じられるスポット。
本殿が参道正面ではなく横にあるのは珍しい。本殿は北を向いている。東北の勢力を見張るためといわれる。
決断力、意志力アップ。約2670年の歴史を誇る。鹿島神社の総本社。
御祭神は武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)。武術、勝利、刀剣の神様。
厄除け。要石には、下にナマズがいる、香取神宮の要石とつながっているなどの話がある。
地震が起こった際、「揺るぐともよもや抜けじの要石、鹿島の神のあらん限りは」という神歌を詠めば、地震が早くおさまり被害を免れるといわれる。
鹿島の七不思議というのがある。以下に列挙する。
奥宮の近くに要石というのがある。地面から少し頭を出しているが、地中部の長さははかり知れない。水戸光圀が七昼夜掘っても先が分からず断念した。大地の最も深いところまで達しており地中の大ナマズの頭を押さえていて地震を防いでいる。タケミカヅチが国土平安を祈り突き刺した神剣が石と化したという伝説がある。
御手洗池は大人が入っても子供が入っても水面が胸の高さを越えない。
末無川は高天が原の松林から湧き出て、やがて地中に潜るので末がわからない。
かつて拝殿東にあった藤は、花が多い年は豊作、少ない年は凶作だった。
鹿島灘の音が北に聞こえると晴れ、南に聞こえると雨になる。
鹿島山と高天が原の松(根上がりの松)は切っても枯れない。
根上がりの松でつくった箸はヤニが出ない。むかし鹿島は鹿の住む島だった。
神武天皇東征の際、武甕槌神が韴霊剣(ふつのみたまのつるぎ)をふるって窮地におちいった天皇を救った。その神恩に感謝した天皇が鹿島の地に武甕槌神を祀ったとされる。
宝物館に武甕槌神が使ったいわれる韴霊剣がある。長さが七尺三寸五分(2メートル25センチ)もある。
地震を起こす大ナマズの頭を押さえているといわれる「要石(かなめいし)」は、蝦夷(えみし)の反乱を抑えるための呪術的装置。
鹿島神宮から東へ3キロほどいったところに鬼塚というのがある。武甕槌神が征伐した鬼の首を埋めてある。鬼とはやっつけた蝦夷のこと。仁徳天皇の時代に国摩真人(くになずまびと)という神官が剣の稽古のために鬼塚に籠り、神妙剣という秘太刀を編み出した。神妙剣はその後、7つの神官の家系に伝えられ、その1つの吉川家からは剣豪塚原卜伝が出た。
東日本大震災でかなりのエネルギーを放出して疲労中。拝殿で神様に感謝のエールを送るとよい。
要石は現在人に気をあげる余裕がない。
人との距離の取り方が計りやすくなる。
御手洗池(みたらしいけ)でゆったり気持ちを落ち着けるとよい。
常陸国の一宮。創建は紀元前660年と伝えられる。
御祭神の武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)は伊邪那岐命と伊邪那美命の間に生まれた火の神・軻遇突智(かぐつち)の剣から誕生したとされる。国譲りにおいて、大国主命に対して見事な交渉力を発揮したり、建御名方神(たけみなかたのかみ)との力比べに勝利したとされる。
ここ一番の大勝負に出るときに参拝するとよい。
交渉力アップ。仕事運アップ。対人運アップ。
ご神域に入った時に龍神が見えた。その龍神が「鹿島神宮は意を決すべき場所である」と教えてくれた。
奥宮のさらに奥深くに「要石(かなめいし)」がある。この要石こそ鹿島神宮の真の御神体だといっても過言ではない。要石は地震を起こす大鯰の頭を押さえているという伝説がある。その地震とは必ずしも本当の地震ではなくて、揺れ動く人々の心のことを示している。要石が体現しているのは自らを律する不動心。自分自身の心の中に要石を置けるようにご神霊に祈りを捧げるとよい。
御祭神は武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)。
仕事面で総合的な開運パワーをもらえる。
迷わず進める行動力。統率力アップ。道を切り開くヒントをもらえる。悪運、悪縁を断つ。
剣形のペンダントのお守りがおすすめ。
「御手洗池」という不思議な池がある。大人でも子供でも入ったら水面が胸の辺りにくるという。
「要石」という巨石がある。この巨石は地震を起こす地底の大ナマズの頭を押さえつけている。なのでこの地方には大きな地震がこないと伝えられている。
金運、健康運、勝負運、仕事運などにご利益あり。
どんな困難にも立ち向かい勝利を収める。気力・体力の充実。組織を束ねるリーダーにおすすめ。政治家などの権力保持。
みずからの道を突き進む時には是非参拝するとよい。決断力や意志力を授けてくれる。
スピリチュアルな人生を送るための意志力を与えてくれる。

鹿島神宮
    御朱印帳の価格と参拝の方法を調べておく。幸運を呼ぶ財布なども有名で、金色や黄色、財布は緑も良いとされる。大殺界などと言われ、悪いことが起きるという見方がある。お墓の周りは運気が上がるともいわれる。運気の上がる食べ物とは、初詣に行く際の駐車場情報など、恋愛運と金運が良くなる神社とは、四国、九州をはじめ、東京、埼玉、神奈川などでも人気があり、ご利益のある場所で東京と大阪がとくに有名ではないだろうか。家を建てる場合の知っておかなければいけない風水学とは?仕事で成功するための方法も学び、日本で一番強いパワースポットはどこなのか?初詣や厄除けで多くの人が集まり、お金に困ったときに行く神社はどこが良いのか?最強のパワスポと世界遺産。お守りはいくらくらいの物を買えばよいのか?神社仏閣に参拝し捨てるべきものを捨てないと運気は下がると言われる。お遍路にはどういうご利益があるのか?お金持ちになる財布には共通点があると言われ、断捨離が運気を上げるということについて、お守りの郵送をしたりもする。トイレを綺麗にしているとお金に困らないともいわれる。10万円儲かる方法と100万円儲かる方法の違いを理解する。大阪、兵庫、奈良周辺の最強パワースポットをランキングで紹介。神社のご利益は正しい参拝で行い、男性の厄年と女性の厄年では意味が違う。風水的に良い方角を見極め、正しく配置することも重要です。鳥居のくぐり方などの正しい参拝方法は知っておくとよい。お墓は風水的にはどこがいいのか?東京23区で最強の場所はどこなのか、パワースポットと風水の関係性とは、お金が儲かる方法と幸運を呼ぶ方法について、御朱印帳を郵送で購入することも可能である。空属性と水属性の関係性も重要である。占いと風水学の違いというものも理解し、宝くじの高額当選を求めて訪れる人もいる。運気が上がる保管方法も知っておく必要がある。宿泊施設で運気の上がる場所はあるのだろうか?風水的には宝くじが当たりやすいと言われパワスポ属性の診断方法もあり、幸運の石を手に入れるための方法。お金持ちになる財布はどういう財布で、ご利益のある神社へ行くべきだ。いつでもお金に困らない方法としても言い伝えられる。占星術、手相占いなどで運気を占い、水回りを綺麗にすると運気が上がる理由とは、厄年の過ごし方なども意識して、お金持ちになるためにするべきことでもあり、パワースポットに行くとよい。経営者が行くべき神社とは。購入した宝くじの保管に関しても意識しよう。日本一とランキングを掲載している。お金持ちになる方法とやってはいけないこと。財布の色は何色が金持ちになれるのか?幸運を呼ぶ置物なども良いとされ、カエルやヘビなどが有名。令和の最強の場所。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする