茨城県笠間市のパワースポット 笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)

笠間稲荷神社は、茨城県笠間市にある神社(稲荷神社)である。旧社格は村社で、現在は神社本庁の別表神社となっている。別称胡桃下稲荷(くるみがしたいなり)、紋三郎稲荷。
祭神は宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)である。五穀豊穣、商売繁盛の神として古くから厚く信仰され、関東はもとより日本各地から年間350万人の参拝客が訪れる。また、正月三が日の初詣には80万人以上の参拝者が訪れ、初詣参拝者数で茨城県1位を誇る。日本三大稲荷の一つとされている。
東京都中央区日本橋浜町には、当時の笠間城主牧野家の下屋敷があり、その地には藩主が笠間稲荷神社より分霊を受けて建てられた笠間稲荷神社東京別社がある。

Haiden_of_Kasama_Inari_Shrine01

日本三大稲荷の1つ。宇迦之御魂神を祀っている。
白い狐の守りにより落ち着いた雰囲気がある。
誠実に商売をする人に金運を授けてくれる。忍耐力アップ。
稲荷神社は我欲で参拝する人が多く、近寄らない方がよい所も少なくない。しかし、ここは真面目に仕事をする人だけを加護する厳しさや物を生み出すことを奨励する素直なエネルギーがあり安心できるスポット。

笠間稲荷神社
    参拝時間はいつが良いのかなども調べて、参拝時間と駐車場の情報を調べてから行く。東京の最強パワスポや関西の最強パワスポとは、生年月日と血液型で属性の診断はできる。初詣に行く際の駐車場情報など、幸運が訪れるアイテム、パワーストーン、お遍路にはどういうご利益があるのか?相性のいい神社と相性の悪い神社の違いということだ。男性の厄年と女性の厄年では意味が違う。東京の最強パワスポは属性を調べてからじゃないと行く意味がない。お金が増える財布などのラッキーアイテム。お守りの処分の仕方とは?当たる占いとラッキーアイテムの法則をご紹介。運気の上がる色やお金が儲かる色として黄色が有名ですが、パワースポットと風水の関係性とは、宝くじが当たる宝くじ売り場などもあり、厄年の過ごし方なども意識して、厄年の早見表などを見るとよい。パワスポと宝くじの密接な当選確率の秘密とは?初詣や厄除けで多くの人が集まり、運気の上がるルーティーンというものもあり、御朱印帳の価格と参拝の方法を調べておく。パワースポットに行くとよい。お金持ちになる財布はどういう財布で、最強のパワースポットともいわれている。世界遺産だからと言ってパワスポとは限らない。御朱印とご利益を手に入れるためには、パワスポランキングを別ページで紹介する。10万円儲かる方法と100万円儲かる方法の違いを理解する。パワスポ属性の診断方法もあり、恋愛運と金運が良くなる神社とは、風水的に良い方角を見極め、正しく配置することも重要です。御朱印帳を郵送で購入することも可能である。空属性と水属性の関係性も重要である。仕事で成功するための方法も学び、ご利益のある神社へ行くべきだ。会社で参拝に行く時のマナーとは個人の時と違うのか。最強のパワスポに行く前に属性も調べておく必要がある。大阪、兵庫、奈良周辺の最強パワースポットをランキングで紹介。東京23区で最強の場所はどこなのか、幸運を呼ぶ置物なども良いとされ、カエルやヘビなどが有名。パワースポットの属性が関係しお金に困ったときに行く神社はどこが良いのか?お寺と神社の違いが判る。お金が儲かる場所としても有名、幸運を呼ぶパワーストーンなどのアイテムを買うには、占いと風水学の違いというものも理解し、引っ越すときに風水も考えたほうが良い。神社仏閣に参拝し金色や黄色、財布は緑も良いとされる。お守りはいくらくらいの物を買えばよいのか?日本では最強のパワスポと言われている。いつでもお金に困らない方法としても言い伝えられる。お墓は風水的にはどこがいいのか?風水的な宝くじの保管方法や、神社のご利益は正しい参拝で行い、宿泊施設で運気の上がる場所はあるのだろうか?経営者が行くべき神社とは。お金が儲かる方法と幸運を呼ぶ方法について、日帰りよりも泊りで言ったほうが良い理由。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする