茨城県稲敷市のパワースポット 大杉神社(おおすぎじんじゃ)勝馬神社

大杉神社は、茨城県稲敷市阿波にある神社。通称はあんばさま。古名は大杉明神。旧社格は郷社。別表神社。関東、東北地方に分布する大杉神社の総本社である。

東にある境内社勝馬神社は、古名を「馬櫪社」といい、独自の古い由緒を持つという。馬櫪は馬屋の根太の意で、転じて飼い葉桶、または馬屋そのものを指す。平安時代、美浦村信太に常陸国諸国牧(兵部省管轄の牧場)の信太馬牧(延喜式に記載あり)があり、そこで馬体守護のため貞観4年(862年)に創祀された。平安時代末期に馬牧が廃絶すると、稲敷市幸田を経て、大杉神社境内に遷座したという。かつては安穏寺裏に競馬場があり、昭和初期まで奉納競馬が行われていた。
現在は往古の信太馬牧の地にある日本中央競馬会(JRA)美浦トレーニングセンターの関係者が、本社と並んで一年の祈願に訪れる。社前には多数の蹄鉄が奉納されている。「勝ち馬守り」という珍しい御守もある。ちなみに現在、大杉神社祭礼に選ばれる神馬は、農家に馬がいなくなったため美浦トレーニングセンターから借りている。

勝馬神社1

大杉神社の境内にある神社。馬主、調教師、騎手、競馬ファンなどの競馬関係者が多く参拝するスポット。もともとは朝廷の馬を放牧していた場所。万馬券や一獲千金を狙う人は参拝するとよい。
白い馬をかたどった「勝馬守」という競馬にご利益のあるお守りを売っている。
神社に奉納された昆布や煮干でだしをとった「開運そば」を食べられる。
勝馬神社の絵馬には本物の馬蹄がついている。

勝馬神社
    東京の最強パワスポは属性を調べてからじゃないと行く意味がない。参拝時間はいつが良いのかなども調べて、霊的な力が働いていうともいわれる。幸運が訪れるアイテム、パワーストーン、お金持ちになる方法とやってはいけないこと。パワスポランキングを別ページで紹介する。東京23区で最強の場所はどこなのか、家を建てる場合の知っておかなければいけない風水学とは?運気が上がる保管方法も知っておく必要がある。おさい銭の金額はいくらでもよく、東京、埼玉、神奈川などでも人気があり、お金持ちになるためにするべきことでもあり、日本一とランキングを掲載している。初詣や厄除けで多くの人が集まり、いつでもお金に困らない方法としても言い伝えられる。捨てるべきものを捨てないと運気は下がると言われる。日本で一番強いパワースポットはどこなのか?会社で参拝に行く時のマナーとは個人の時と違うのか。御朱印の正しいもらいかた、御朱印帳の購入方法についても理解し、最強の運気を持つ場所とは、空属性と水属性の関係性も重要である。パワースポットに行くとよい。神社のご利益は正しい参拝で行い、かもしれない。厄年の過ごし方なども意識して、幸運を呼ぶ置物なども良いとされ、カエルやヘビなどが有名。金運アップ、恋愛運アップお金持ちになる財布はどういう財布で、幸運を呼ぶ動物は地域などでも異なる。御朱印帳の価格と参拝の方法を調べておく。日本神話としても有名な話である。生年月日と血液型で属性の診断はできる。最強のパワスポに行く前に属性も調べておく必要がある。パワースポットの属性が関係し占いと風水学の違いというものも理解し、占星術、手相占いなどで運気を占い、厄年の早見表などを見るとよい。日帰りよりも泊りで言ったほうが良い理由。御朱印帳を郵送で購入することも可能である。引っ越すときに風水も考えたほうが良い。金色や黄色、財布は緑も良いとされる。鳥居のくぐり方などの正しい参拝方法は知っておくとよい。最強パワスポには法則があるのを知っているだろうか?お守りの郵送をしたりもする。宝くじが当たる宝くじ売り場などもあり、お守りはいくらくらいの物を買えばよいのか?運気の上がるルーティーンというものもあり、お寺と神社の違いが判る。日本では最強のパワスポと言われている。最強のパワースポットともいわれている。意外なほど運気が上がる方法。宝くじの高額当選を求めて訪れる人もいる。運気の上がる食べ物とは、日本のパワースポットの最強の場所、世界遺産だからと言ってパワスポとは限らない。断捨離が運気を上げるということについて、水回りを綺麗にすると運気が上がる理由とは、御朱印とご利益を手に入れるためには、風水的な宝くじの保管方法や、経営者が行くべき神社とは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする