北海道川上郡弟子屈町のパワースポット 摩周湖(ましゅうこ)

摩周湖は、北海道川上郡弟子屈町にある湖。日本でもっとも、世界ではバイカル湖についで2番目に透明度の高い湖である。2001年には北海道遺産に選定された。急激に深くなっていることとその透明度から青以外の光の反射が少なく、よく晴れた日の湖面の色は「摩周ブルー」と呼ばれている。

mashuu

  • 摩周湖はアイヌ語ではキンタン・カムイ・トーと呼ばれる。山の神の湖という意味。
  • 湖の東にある摩周岳はカムイヌプリ(神の山)と呼ばれ、摩周湖の守り神。
  • 湖の真ん中あたりにあるカムイシュ島は観音菩薩がカムイヌプリを見上げるような顔の形をしている。
  • 澄んだ和音のような気。
  • 心身浄化。
    • 「霧の摩周湖」といわれ、なかなか姿を現さない湖。
    • 出入する川がない。
    • 世界有数の透明度を誇る。
    • ほとんど水位が変わらない。
    • カムイシュ島は高さ約240メートルの火山。頂上部分が水面上に出ている。
    • 癒し。
      • 未婚者が初めて訪れた際に霧のない湖を見ると婚期が遅れる。
      • 湖の中にカムイシュ島という島がある。アイヌ語で「神となった老婆」の意味。戦ではぐれた孫を探し続けた老婆が動けなくなって島になってしまったという伝説がある。この島の周辺に人間が近づくと雨や雪が降るといわれる。
        • 「霧の摩周湖」と呼ばれるように、霧が湖面を覆っていることが多く、湖の全景をめったに見ることができない。「霧のない摩周湖を見た人は結婚が遅くなる」という話もあるとか。
        • 湖には浄化のエネルギーがある。
摩周湖
    空属性と水属性の関係性も重要である。最強のパワスポと世界遺産。運気が上がる保管方法も知っておく必要がある。お金持ちになる方法とやってはいけないこと。ご利益のある場所で神社のご利益は正しい参拝で行い、宝くじが当たる宝くじ売り場などもあり、パワースポットの属性が関係し金色や黄色、財布は緑も良いとされる。東京23区で最強の場所はどこなのか、風水的な宝くじの保管方法や、おさい銭の金額はいくらでもよく、幸運を呼ぶ財布なども有名で、生年月日と血液型で属性の診断はできる。日本神話としても有名な話である。お金持ちになるためにするべきことでもあり、お守りの郵送をしたりもする。捨てるべきものを捨てないと運気は下がると言われる。お墓は風水的にはどこがいいのか?お守りはいくらくらいの物を買えばよいのか?御朱印帳の価格と参拝の方法を調べておく。お墓の周りは運気が上がるともいわれる。大殺界などと言われ、悪いことが起きるという見方がある。占いと風水学の違いというものも理解し、幸運を呼ぶパワーストーンなどのアイテムを買うには、財布は長財布が儲かるともいわれますが、運気の上がる食べ物とは、かもしれない。お金持ちになる財布はどういう財布で、神社仏閣に参拝しパワースポットと風水の関係性とは、初詣や厄除けで多くの人が集まり、最強の運気を持つ場所とは、幸運を呼ぶ動物は地域などでも異なる。ご利益のある神社へ行くべきだ。男性の厄年と女性の厄年では意味が違う。北海道、関東、関西や、東京と大阪がとくに有名ではないだろうか。お守りの処分の仕方とは?御朱印情報を手に入れ意外なほど運気が上がる方法。日本では最強のパワスポと言われている。パワスポ属性の診断方法もあり、日本で一番強いパワースポットはどこなのか?会社で参拝に行く時のマナーとは個人の時と違うのか。東京の最強パワスポは属性を調べてからじゃないと行く意味がない。トイレを綺麗にしているとお金に困らないともいわれる。いまだに知られていない秘密の絶対的パワースポットとは。有名人、芸能人が多く訪れる神社であり、宿泊施設で運気の上がる場所はあるのだろうか?令和の最強の場所。運気の上がる色やお金が儲かる色として黄色が有名ですが、金運アップ、恋愛運アップ厄年の過ごし方なども意識して、最強のパワスポに行く前に属性も調べておく必要がある。風水的には宝くじが当たりやすいと言われ参拝時間はいつが良いのかなども調べて、日帰りよりも泊りで言ったほうが良い理由。パワスポと宝くじの密接な当選確率の秘密とは?相性のいい神社と相性の悪い神社の違いということだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする