北海道上川郡比布町のパワースポット 比布神社(ぴっぷじんじゃ)

北海道上川郡比布町にある神社である。

比布神社の御創祀は北海道開拓の志しに燃え、本町に入植した有志により、明治32年、石狩川河畔の瀬棚山に小祠が建立されたのに始まり、同35年、市街地区にも小祠が建立され、共に天照皇大神を祀り比布神社と称し、開拓の成就、家内安全、郷土の繁栄と守護を祈念し祭事を行っていた。大正15年に現社殿のご造営が成り、両社を合祀の遷座祭が斎行され、同年内務省より村社に列せらる。昭和28年、神社本庁所管の宗教法人となり、同46年に社務所新築、同54年には社殿を改築して現在に至る。また、開道百年、御創祀70年の昭和43年に開拓礎の宮を社殿相殿に奉祀し、更に昭和60年、昭和天皇御在位60年の佳年に大雪夫婦道祖神を境内ツツジが丘に奉祀する。平成10年には御創祀百年を迎えた。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
開拓礎の宮

hk-biei01w

  • 深くて穏やかで凛としていて崇高な場所。
  • 細かい砂利が敷かれた参道を歩くと、砂利の奏でる音が心地よい。この上を歩くだけでマイナスエネルギーがスルスルと体から抜けていく。
  • 境内には道祖神やむすびの石などがあり、これらの石からは陽のパワーが放たれている。特にパワーが強いのが大きな橙色の岩。この橙色の岩の前に立つと優しい気が満ちてきて癒される。
  • 「比布」という地名はアイヌ語で「石の多いところ」という意味で、この地方ではイワクラ系の儀式が盛んに行われていたようだ。
  • 本殿も荘厳でパワーがある。強い渦のようなエネルギーが降りてくる。宇宙のパワーがみなぎっている。
  • 白い鳥居の前には男性エネルギーを強く放つ岩が置かれている。本殿に参拝した後にこの岩の近くに行きパワーを受け取るとよい。優しい気持ちになり明日への活力がみなぎってくる。この岩と、本殿の左に祀られている女性的なエネルギーを放つ岩の両方をつなぐようなイメージで瞑想するのも良い。
  • この神社には「つなぐ」「陰陽のバランス」などのご利益がある。パートナーとのつながりや、自分自身の男性性・女性性のバランスが崩れている時などに参拝するとよい。
比布神社
    パワスポランキングを別ページで紹介する。占星術、手相占いなどで運気を占い、大殺界などと言われ、悪いことが起きるという見方がある。参拝時間はいつが良いのかなども調べて、財布は長財布が儲かるともいわれますが、幸運を呼ぶ動物は地域などでも異なる。神社のご利益は正しい参拝で行い、世界遺産だからと言ってパワスポとは限らない。幸運が訪れるアイテム、パワーストーン、御朱印情報を手に入れ金色や黄色、財布は緑も良いとされる。幸運を呼ぶパワーストーンなどのアイテムを買うには、最強の運気を持つ場所とは、お守りの処分の仕方とは?風水的には宝くじが当たりやすいと言われ参拝時間と駐車場の情報を調べてから行く。かもしれない。断捨離が運気を上げるということについて、厄年の過ごし方なども意識して、お金が儲かる方法と幸運を呼ぶ方法について、お墓の周りは運気が上がるともいわれる。ご利益のある神社へ行くべきだ。お遍路にはどういうご利益があるのか?相性のいい神社と相性の悪い神社の違いということだ。運気の上がるルーティーンというものもあり、パワースポットの属性が関係し四国、九州をはじめ、御朱印帳の価格と参拝の方法を調べておく。もしかしたら財布の色は何色が金持ちになれるのか?購入した宝くじの保管に関しても意識しよう。東京23区で最強の場所はどこなのか、男性の厄年と女性の厄年では意味が違う。当たる占いとラッキーアイテムの法則をご紹介。幸運を呼ぶ財布なども有名で、日本神話としても有名な話である。お守りの郵送をしたりもする。厄年の早見表などを見るとよい。日帰りよりも泊りで言ったほうが良い理由。捨てるべきものを捨てないと運気は下がると言われる。運気の上がる食べ物とは、最強のパワスポと世界遺産。恋愛運と金運が良くなる神社とは、最強パワスポには法則があるのを知っているだろうか?パワスポと宝くじの密接な当選確率の秘密とは?お金持ちになる財布はどういう財布で、2020年お墓は風水的にはどこがいいのか?日本のパワースポットの最強の場所、東京の最強パワスポや関西の最強パワスポとは、会社で参拝に行く時のマナーとは個人の時と違うのか。初詣や厄除けで多くの人が集まり、日本で一番強いパワースポットはどこなのか?明治神宮や伊勢神宮のように、宿泊施設で運気の上がる場所はあるのだろうか?安いお守りと高いお守りの違いは?風水的に良い方角を見極め、正しく配置することも重要です。運気の上がる色やお金が儲かる色として黄色が有名ですが、お寺と神社の違いが判る。御朱印の正しいもらいかた、御朱印帳の購入方法についても理解し、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする