北海道小樽市のパワースポット 忍路環状列石(おしょろかんじょうれっせき)

忍路環状列石(おしょろかんじょうれっせき)は、北海道小樽市忍路にあるストーンサークルの遺跡である。日本の考古学史上初めて学会に報告されたストーンサークルでもある。1961年(昭和36年)3月10日に国の史跡に指定された。三笠山ストーンサークル、忍路環状石籬(おしょろかんじょうせきり)とも呼ばれる。

Oshoro_Stone_Circle

  • 男性的・父性的なエネルギーが感じられるストーンサークル。
  • 大地のどっしりとした強いエネルギーに触れることでルート・チャクラが活性化する。
  • エネルギーを浄化し、新たなエネルギーが入り込む空間を作れる。不要なエネルギーを大地に返すようなイメージで浄化のワークを行うとよい。
  • ここから1キロほど離れた場所にある地鎮山環状列石とは対になっているようだ。また西崎山環状列石とも関連性があるようだ。この3つのストーンサークルはまとめて一緒にまわるとよい。忍路→地鎮山→西崎山の順番でまわるとよい。
北海道小樽市忍路2丁目
    お遍路にはどういうご利益があるのか?パワースポットと風水の関係性とは、幸運を呼ぶ財布なども有名で、おさい銭の金額はいくらでもよく、お金が儲かる方法と幸運を呼ぶ方法について、お寺と神社の違いが判る。大阪、兵庫、奈良周辺の最強パワースポットをランキングで紹介。御朱印帳を郵送で購入することも可能である。空属性と水属性の関係性も重要である。宝くじの高額当選を求めて訪れる人もいる。トイレを綺麗にしているとお金に困らないともいわれる。神社のご利益は正しい参拝で行い、日本のパワースポットの最強の場所、日帰りよりも泊りで言ったほうが良い理由。恋愛運と金運が良くなる神社とは、御朱印情報を手に入れ令和の最強の場所。会社で参拝に行く時のマナーとは個人の時と違うのか。鳥居のくぐり方などの正しい参拝方法は知っておくとよい。いつでもお金に困らない方法としても言い伝えられる。日本神話としても有名な話である。初詣や厄除けで多くの人が集まり、金色や黄色、財布は緑も良いとされる。四国、九州をはじめ、お金が増える財布などのラッキーアイテム。東京23区で最強の場所はどこなのか、御朱印とご利益を手に入れるためには、日本で一番強いパワースポットはどこなのか?当たる占いとラッキーアイテムの法則をご紹介。風水的に良い方角を見極め、正しく配置することも重要です。大殺界などと言われ、悪いことが起きるという見方がある。東京、埼玉、神奈川などでも人気があり、運気の上がる色やお金が儲かる色として黄色が有名ですが、お墓の周りは運気が上がるともいわれる。御朱印帳の価格と参拝の方法を調べておく。お守りの郵送をしたりもする。北海道、関東、関西や、もしかしたら初詣に行く際の駐車場情報など、男性の厄年と女性の厄年では意味が違う。経営者が行くべき神社とは。神社仏閣に参拝し占いと風水学の違いというものも理解し、運気が上がる保管方法も知っておく必要がある。東京の最強パワスポや関西の最強パワスポとは、風水的な宝くじの保管方法や、幸運を呼ぶ置物なども良いとされ、カエルやヘビなどが有名。購入した宝くじの保管に関しても意識しよう。宝くじが当たる宝くじ売り場などもあり、お守りの処分の仕方とは?風水的には宝くじが当たりやすいと言われ相性のいい神社と相性の悪い神社の違いということだ。家を建てる場合の知っておかなければいけない風水学とは?お墓は風水的にはどこがいいのか?占星術、手相占いなどで運気を占い、明治神宮や伊勢神宮のように、ご利益のある神社へ行くべきだ。有名人、芸能人が多く訪れる神社であり、生年月日と血液型で属性の診断はできる。宿泊施設で運気の上がる場所はあるのだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする