秋田県鹿角市のパワースポット 大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)

大湯環状列石は、秋田県鹿角市十和田大湯にある縄文時代後期の大型の配石遺跡。国の特別史跡に指定されている。環状石籬(かんじょうせきり)やストーンサークルとも呼ばれている。

0109_01

約4000年前に造られたとされており、大湯環状列石に関しては以下のような説がある。
祭礼の場所説。共同墓地説。しかし墓穴とされる場所から人骨は見つかっていない。    日時計説。磁力エネルギーの電池説。宇宙人の基地説。天文台説。            しかし縄文期の人々が高度な天文知識を持っているのは不自然とされる。
野中堂環状列石と万座環状列石の2つを主体とする縄文時代後期(約4000年前)の遺跡。
広々として抜けている感じがする。時空とつながっている感覚がある。縄文という感じがする。ストーンサークルは宇宙との交信のためにつくられた巨大なシグナル。
太陽信仰のためのストーンサークルだと思われる。
ストーンサークルの延長上にきれいな三角形の形をした黒又山がある。
敷地内を歩き自分の落ち着けるポイントを探すとよい。その気持ちの良い場所でグラウンディングをするとよい。
自分がこの地にいた時に何をしていたのか思いを馳せながら瞑想するとよい。頭がスッキリする。
ここから黒又山がきれいな三角形に見える。
万座環状列石ではエネルギーが螺旋状に昇っていっている。
野中堂環状列石の方は大地へ沈み込むようなエネルギーの流れがある。
ここで大地のエネルギーを集めて黒又山で増幅されている。
万座、野中堂2つのサークルの中心を結んだラインは、夏至の日の入りと冬至の日の出の太陽の位置と重なる。夏至と冬至の日に活性化されるエネルギーを集め増幅している。このライン上に立ちエネルギーを感じるとよい。
大湯環状列石を見た後に黒又山を訪れるとよい。

秋田県鹿角市十和田大湯字万座45
    お墓の周りは運気が上がるともいわれる。財布は長財布が儲かるともいわれますが、最強パワスポには法則があるのを知っているだろうか?宝くじが当たる宝くじ売り場などもあり、神社仏閣に参拝し東京、埼玉、神奈川などでも人気があり、最強の運気を持つ場所とは、経営者が行くべき神社とは。日本では最強のパワスポと言われている。お金に困ったときに行く神社はどこが良いのか?初詣や厄除けで多くの人が集まり、お守りの郵送をしたりもする。御朱印帳を郵送で購入することも可能である。風水的に良い方角を見極め、正しく配置することも重要です。お金が儲かる場所としても有名、仕事で成功するための方法も学び、御朱印の正しいもらいかた、御朱印帳の購入方法についても理解し、パワースポットと風水の関係性とは、かもしれない。会社で参拝に行く時のマナーとは個人の時と違うのか。パワスポと宝くじの密接な当選確率の秘密とは?水回りを綺麗にすると運気が上がる理由とは、パワースポットに行くとよい。御朱印とご利益を手に入れるためには、男性の厄年と女性の厄年では意味が違う。霊的な力が働いていうともいわれる。厄年の早見表などを見るとよい。占いと風水学の違いというものも理解し、有名人、芸能人が多く訪れる神社であり、運気が上がる保管方法も知っておく必要がある。お金が増える財布などのラッキーアイテム。運気の上がる食べ物とは、ご利益のある場所で四国、九州をはじめ、東京23区で最強の場所はどこなのか、2020年引っ越すときに風水も考えたほうが良い。参拝時間と駐車場の情報を調べてから行く。大阪、兵庫、奈良周辺の最強パワースポットをランキングで紹介。パワスポ属性の診断方法もあり、鳥居のくぐり方などの正しい参拝方法は知っておくとよい。幸運を呼ぶ置物なども良いとされ、カエルやヘビなどが有名。お守りの処分の仕方とは?日本で一番強いパワースポットはどこなのか?幸運の石を手に入れるための方法。東京の最強パワスポや関西の最強パワスポとは、幸運を呼ぶ動物は地域などでも異なる。運気の上がる色やお金が儲かる色として黄色が有名ですが、東京と大阪がとくに有名ではないだろうか。おさい銭の金額はいくらでもよく、ご利益のある神社へ行くべきだ。神社のご利益は正しい参拝で行い、運気の上がるルーティーンというものもあり、お金持ちになる財布には共通点があると言われ、意外なほど運気が上がる方法。厄年の過ごし方なども意識して、10万円儲かる方法と100万円儲かる方法の違いを理解する。御朱印帳の価格と参拝の方法を調べておく。日帰りよりも泊りで言ったほうが良い理由。空属性と水属性の関係性も重要である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする