秋田県鹿角市のパワースポット 黒又山(くろまたやま)

黒又山は、秋田県鹿角市十和田大湯地区中通台地にある、円錐の形をした標高280.6mの山である。

kuromanta

人工のピラミッドという説があり、付近ではUFOの目撃が多い。
地元ではクロマンタと呼ばれていて、神の山という意味のアイヌ語が語源と言われている。
学術調査の結果、山麓から山頂への地中に階段式のピラミッド構造が隠されている可能性が指摘されている。
黒又山の南西に大湯環状列石という縄文時代の遺跡があり、そこの日時計状組石と呼ばれる遺構と酷似しているものが黒又山でも見つかっている。
標高280メートルの山できれいな三角形の形をしている。山頂に神社があり、その下に巨大な岩がある。頂上のすぐ下には空洞があることが確認されており、ピラミッドではないかという噂もある。
登山口にある鳥居をくぐるとエネルギーが変化するらしい。すっきりしたエネルギーで頂上へ行くほど力強くなる。山頂の神社で周辺から集められたエネルギーが噴出している。
まず黒又山の近くにある大湯環状列石に立ち寄り、その後に黒又山に登ると良いとされている。山頂の神社にお参りして地面からのエネルギーを感じるとよい。

秋田県鹿角市十和田大湯宮野平
    風水的には宝くじが当たりやすいと言われ厄年の過ごし方なども意識して、パワースポットと風水の関係性とは、宿泊施設で運気の上がる場所はあるのだろうか?いつでもお金に困らない方法としても言い伝えられる。水属性、風属性など、また、土属性と卑俗性は別。お金持ちになる財布はどういう財布で、北海道、関東、関西や、断捨離が運気を上げるということについて、幸運の石を手に入れるための方法。お守りの郵送をしたりもする。初詣に行く際の駐車場情報など、宝くじが当たる宝くじ売り場などもあり、お墓の周りは運気が上がるともいわれる。金色や黄色、財布は緑も良いとされる。四国、九州をはじめ、家を建てる場合の知っておかなければいけない風水学とは?空属性と水属性の関係性も重要である。明治神宮や伊勢神宮のように、幸運が訪れるアイテム、パワーストーン、運気の上がるルーティーンというものもあり、東京の最強パワスポは属性を調べてからじゃないと行く意味がない。最強のパワースポットともいわれている。経営者が行くべき神社とは。日本で一番強いパワースポットはどこなのか?日帰りよりも泊りで言ったほうが良い理由。幸運を呼ぶ置物なども良いとされ、カエルやヘビなどが有名。生年月日と血液型で属性の診断はできる。厄年の早見表などを見るとよい。御朱印とご利益を手に入れるためには、捨てるべきものを捨てないと運気は下がると言われる。意外なほど運気が上がる方法。ご利益のある神社へ行くべきだ。10万円儲かる方法と100万円儲かる方法の違いを理解する。参拝時間はいつが良いのかなども調べて、お金に困ったときに行く神社はどこが良いのか?風水的に良い方角を見極め、正しく配置することも重要です。占いと風水学の違いというものも理解し、世界遺産だからと言ってパワスポとは限らない。運気の上がる食べ物とは、お金が儲かる場所としても有名、有名人、芸能人が多く訪れる神社であり、お墓は風水的にはどこがいいのか?大殺界などと言われ、悪いことが起きるという見方がある。御朱印情報を手に入れご利益のある場所でトイレを綺麗にしているとお金に困らないともいわれる。大阪、兵庫、奈良周辺の最強パワースポットをランキングで紹介。最強のパワスポに行く前に属性も調べておく必要がある。東京の最強パワスポや関西の最強パワスポとは、幸運を呼ぶ財布なども有名で、神社仏閣に参拝し最強パワスポには法則があるのを知っているだろうか?お金が増える財布などのラッキーアイテム。もしかしたら日本では最強のパワスポと言われている。御朱印の正しいもらいかた、御朱印帳の購入方法についても理解し、参拝時間と駐車場の情報を調べてから行く。相性のいい神社と相性の悪い神社の違いということだ。日本のパワースポットの最強の場所、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする