東京都品川区のパワースポット 鈴ヶ森刑場(すずがもりけいじょう)

鈴ヶ森刑場は、東京都品川区南大井にかつて存在した刑場。江戸時代には、江戸の北の入口(日光街道)沿いに設置されていた小塚原刑場とともに、南の入口(東海道)沿いに設置されていた刑場であった。
元々この付近は海岸線の近くにあった1本の老松にちなんで「一本松」と呼ばれていたが、この近くにある鈴ヶ森八幡(現磐井神社)の社に鈴石(振ったりすると音がする酸化鉄の一種)があったため、いつの頃からか「鈴ヶ森」と呼ばれるようになったという。

201303101027026b3

鈴ヶ森刑場は関西方面から江戸市中への入口にあたる品川宿に設置されていた。江戸に出入りする人々への見せしめのため。
大正11年、京浜国道建設の際、カマス43俵分のドクロが出た。
刑場は1651年に開設。1871年に閉鎖された。10~20万人が処刑されたと言われている。
首洗いの井戸、火炙台、磔台などが残っている。
井戸から生首が飛び出すなどの噂がある。
強烈な霊波が感じられる。何体かの霊が石碑や草むらにいると言われている。
脇腹に刺し貫かれるような痛みを感じるとか。
パワースポットというより心霊スポットですねこれは・・・

品川区大経寺
    風水的には宝くじが当たりやすいと言われご利益のある場所でお遍路にはどういうご利益があるのか?お寺と神社の違いが判る。財布の色は何色が金持ちになれるのか?もしかしたら参拝時間と駐車場の情報を調べてから行く。神社仏閣に参拝し2020年水回りを綺麗にすると運気が上がる理由とは、お守りの郵送をしたりもする。大阪、兵庫、奈良周辺の最強パワースポットをランキングで紹介。パワスポ属性の診断方法もあり、東京の最強パワスポは属性を調べてからじゃないと行く意味がない。運気の上がる食べ物とは、断捨離が運気を上げるということについて、東京23区で最強の場所はどこなのか、かもしれない。最強パワスポには法則があるのを知っているだろうか?日本神話としても有名な話である。東京の最強パワスポや関西の最強パワスポとは、金色や黄色、財布は緑も良いとされる。お金に困ったときに行く神社はどこが良いのか?お守りはいくらくらいの物を買えばよいのか?最強のパワースポットともいわれている。宿泊施設で運気の上がる場所はあるのだろうか?初詣に行く際の駐車場情報など、パワースポットの属性が関係しお守りの処分の仕方とは?パワスポランキングを別ページで紹介する。お金持ちになる財布には共通点があると言われ、幸運を呼ぶ財布なども有名で、安いお守りと高いお守りの違いは?占星術、手相占いなどで運気を占い、購入した宝くじの保管に関しても意識しよう。生年月日と血液型で属性の診断はできる。最強のパワスポと世界遺産。日本では最強のパワスポと言われている。お墓は風水的にはどこがいいのか?財布は長財布が儲かるともいわれますが、金運アップ、恋愛運アップ御朱印とご利益を手に入れるためには、トイレを綺麗にしているとお金に困らないともいわれる。パワースポットに行くとよい。お金持ちになるためにするべきことでもあり、初詣や厄除けで多くの人が集まり、霊的な力が働いていうともいわれる。会社で参拝に行く時のマナーとは個人の時と違うのか。お金持ちになる方法とやってはいけないこと。空属性と水属性の関係性も重要である。日本のパワースポットの最強の場所、宝くじの高額当選を求めて訪れる人もいる。恋愛運と金運が良くなる神社とは、経営者が行くべき神社とは。宝くじが当たる宝くじ売り場などもあり、お金が増える財布などのラッキーアイテム。捨てるべきものを捨てないと運気は下がると言われる。明治神宮や伊勢神宮のように、男性の厄年と女性の厄年では意味が違う。運気の上がる色やお金が儲かる色として黄色が有名ですが、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする