茨城県笠間市のパワースポット 笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)

笠間稲荷神社は、茨城県笠間市にある神社(稲荷神社)である。旧社格は村社で、現在は神社本庁の別表神社となっている。別称胡桃下稲荷(くるみがしたいなり)、紋三郎稲荷。
祭神は宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)である。五穀豊穣、商売繁盛の神として古くから厚く信仰され、関東はもとより日本各地から年間350万人の参拝客が訪れる。また、正月三が日の初詣には80万人以上の参拝者が訪れ、初詣参拝者数で茨城県1位を誇る。日本三大稲荷の一つとされている。
東京都中央区日本橋浜町には、当時の笠間城主牧野家の下屋敷があり、その地には藩主が笠間稲荷神社より分霊を受けて建てられた笠間稲荷神社東京別社がある。

Haiden_of_Kasama_Inari_Shrine01

日本三大稲荷の1つ。宇迦之御魂神を祀っている。
白い狐の守りにより落ち着いた雰囲気がある。
誠実に商売をする人に金運を授けてくれる。忍耐力アップ。
稲荷神社は我欲で参拝する人が多く、近寄らない方がよい所も少なくない。しかし、ここは真面目に仕事をする人だけを加護する厳しさや物を生み出すことを奨励する素直なエネルギーがあり安心できるスポット。

笠間稲荷神社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする