茨城県久慈郡大子町のパワースポット 袋田の滝(ふくろだのたき)

袋田の滝は、茨城県久慈郡大子町袋田にある滝。位置は、久慈川支流の滝川上流にあたり、長さ120m、幅73m。冬は「氷瀑」と呼ばれる、滝が凍結する現象が発生することがある。
日本の名勝に指定されている。茨城県北ジオパークのジオサイトの一つ。華厳滝、那智滝とともに日本三名瀑のひとつに挙げられる場合もあり、日本の滝百選にも選定されている。1990年(平成2年)に行われた日本の滝百選の人気投票では1位を取った。江戸時代は水戸藩の領地内であり、水戸黄門として知られる徳川光圀が訪れたことがあるとされる。

img_0875

華厳の滝、那智の滝と並ぶ日本三大名瀑の1つ。高さ120メートル、幅73メートル、四段にわたって流れ落ちる滝で「四度の滝」などとも呼ばれる。
風水的に見ると「富貴に恵まれ淫らになる」という意味のある地勢。恋愛に対して効果があるパワースポット。
女性としての細かい気配りや心の清らかさを取り戻せる。
感情の苛立ちやストレスを解消できる。
恋愛にポジティブになれる。
失恋の傷を癒せる。

袋田の滝

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする