群馬県高崎市のパワースポット 少林山達磨寺(しょうりんざんだるまじ)

少林達磨寺は、群馬県高崎市にある黄檗宗の寺院である。山号は少林山。「高崎のだるま市」で有名な寺である。また建築家ブルーノ・タウトが2年ほど過ごし、助監督時代の黒澤明が脚本化した「達磨寺のドイツ人」の舞台でもある。

AA1200DDF63F4D17967FE3D1ED941329_L

E98194E7A3A8E5AFBA2

穏やかな気があり、達磨堂や観音堂のそばにいると心と体があたたかくなる。
心身を癒す。精神安定。自己再発見。
近くにある慈眼院というお寺にも行ってみるとよい。高さ41.8メートルの高崎白衣大観音がある。慈悲深い心を授かるという。  

群馬県高崎市鼻高町296

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする