群馬県沼田市のパワースポット 迦葉山弥勒寺(かしょうざんみろくじ)

迦葉山弥勒寺は、群馬県沼田市上発知町にある曹洞宗の寺院である。沼田市北部にそびえる迦葉山の中腹に鎮座する。寺号は「迦葉山 龍華院 弥勒護国禅寺(かしょうざん りゅうげいん みろくごこくぜんじ)」だが、一般には単に「迦葉山」と呼ばれることが多い。天狗の寺として知られ、高尾山薬王院、鞍馬寺と共に「日本三大天狗」の一つに数えられる。参拝の際には、中峯堂から天狗の面を借りて帰り、願いが成就したら、その面ともう一つ新しい天狗の面を奉納し、また別の面を借りるというならわしがある。

blog_import_515c231793980

日本三大天狗の1つ。他の2つは高尾山と鞍馬山。
慈覚大師が開いたとされる。
ミニ天狗面を借りることができる。願いが成就したら、新しい面を買って、借りた面とともに奉納する。
巨大天狗面がある。1つは戦勝祈願で奉納されたもの。もう1つは交通安全を願って奉納されたもの。

迦葉山弥勒寺

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする