群馬県沼田市のパワースポット 吹割の滝(ふきわれのたき)

吹割の滝は、群馬県沼田市利根町にある滝。高さ7メートル、幅30メートル。奇岩が1.5キロメートルに渡って続く片品渓谷(吹割渓谷)にかかる。河床を割くように流れ、そこから水しぶきが吹き上げる様子からこの名が付けられた。2000年のNHK大河ドラマ『葵 徳川三代』のオープニングにも登場した。1936年12月16日に旧文部省より、天然記念物および名勝に指定されている(「吹割渓ならびに吹割瀑」)。

guide000000151053_3

東洋のナイアガラとも呼ばれる滝で一見の価値あり。
吹割の滝の滝壺は龍神がすむ竜宮に通じているという伝説がある。
まず浮島観音堂に行くとよい。ここは「水龍穴」というパワースポットになっている。浮島橋を観音堂に向かって渡りきったあたりからパワーが強くなっている。足元からジワーっと大地の気が上がってきて元気になる。
吹割の滝では危険防止のために白線が引かれている。この線を越えると警備員に注意されるかもしれないので注意。
水も景色も素晴らしく清涼感がありデトックス効果抜群。
活力増進効果もある。棚下不動の滝も近いので一緒に行くとよい。

吹割の滝

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする