栃木県日光市のパワースポット 華厳の滝(けごんのたき)

華厳の滝は、栃木県日光市にある滝。発見者は勝道上人と伝えられ、仏教経典の1つである華厳経から名づけられたといわれる。華厳渓谷周辺では他に阿含滝、方等滝、般若滝、涅槃滝もあることから、五時の教判から、それらと同様に命名されたものと考えられている。日本三大名瀑の1つに数えられている。

SONY DSC

SONY DSC

落差97メートル。
日光山の開祖といわれる勝道上人が見つけた滝と伝えられる。
仏教の「華厳経」が名前の由来。
心身を清める。迷いや悩みなどを消し去る。心の安定。仕事運アップ。
体全体で滝のパワーを感じるとよい。滝の音にも注意を向けるとよい。
日光には滝が多く存在するが、その中でも最もダイナミックなのが華厳の滝。約100mの高さから轟音とともに水が流れ落ちる様は壮観。袋田の滝(茨木県)、那智の滝(和歌山県)とともに日本三大名瀑の1つに数えられる。
エレベーターで滝つぼ近くまで下りていける。
滝は出世運をアップさせる。また美しい水は財を貯める龍神の通り道ともいわれ財運アップも期待できる。また恋愛運アップにもよい。
滝のパワーを取り込むには、できるだけ滝に近づくと良い。あくまでも安全第一で。また下から滝全体を見上げるようにすると運気アップできる。自分が鯉になり滝を登っていく様をイメージしながら視線を滝つぼから滝口へとゆっくり移していき、同時に心の中で願い事が成就するように祈ると良い。

華厳の滝

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする