栃木県日光市のパワースポット 日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)

日光東照宮は、日本の関東地方北部、栃木県日光市に所在する神社。江戸幕府初代将軍・徳川家康を神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)を祀る。日本全国の東照宮の総本社的存在である。正式名称は地名等を冠称しない「東照宮」であるが、他の東照宮との区別のために、「日光東照宮」と呼ばれることが多い。
その歴史は少なくとも源義朝による日光山造営までさかのぼり得るもので、源頼朝がその母方の熱田大宮司家の出身者を別当に据えて以来、鎌倉幕府、関東公方、後北条氏の歴代を通じて、東国の宗教的権威となっていた。こうした歴史を背景に、徳川氏は東照宮を造営したと考えられる。

original

「強飯式」という行事がある。4月2日、輪王寺三仏堂門において挙行される。以前は滝尾神社における1月の行事だった。強飯式で使われる金椀に盛った白飯、生大根、山椒(さんしょう)、蓼(たで)、唐辛子、金甲は金気を象徴するもの。この行事は、金気を破砕して木気を扶助し、季節の循環を促進させ、春を無事に迎えるための呪術。
厩舎の猿の彫刻は陰陽五行による防火呪術。三合の理によると申は水の始。水剋火の理により午(火)を撃つ。
江戸の真北に日光霊廟が設けられたのは魂魄収束を願って。
地龍の流れは、男体山→大真名子山→小真名子山→女峰山→家康の霊廟。
家康の霊廟が穴。赤薙山が青龍砂。鳴虫山が案山。女峰山の山裾が白虎砂。
前方に大谷川が流れており、「龍」「穴」「砂」「水」の揃った素晴らしい風水の地。
日光にある天海僧正の墓所は龍脈から外れている。気が塞がった地に建てられている。
四神相応の地。男体山から女峰山を経て地龍が流れてきている。
赤薙山が青龍砂。女峰山の山裾が白虎砂。稲荷川が明堂水。大谷川が客水。
鳴虫山が案山。東照宮の家康の霊廟が穴。安定、繁栄。
主祭神は徳川家康、豊臣秀吉、源頼朝。
江戸の鬼門守護。伊達政宗への霊的防衛。
陽明門の12本の柱のうち1本だけ逆さになっている。未完成を演出している。完成したものは崩壊に向かうから。拝殿と本殿にも逆柱がある。
神厩舎に三猿が彫刻されているのには、火(馬)を水(猿)で鎮めるという意味がある。
天海=明智光秀。陽明門の脇の2体の座像の着物には桔梗紋がある。桔梗紋は明智光秀の家紋。
青銅製の第二鳥居から発せられるパワーが強力。ゆるぎない人生、変わることのない幸せ、物事の成就などを与えてくれる。
人生の最終目標に焦点を絞ってお願いするとよい。
眠り猫には、ライバルや足を引っぱる意地悪な人を上手にかわす力が備わるというご利益がある。まず猫をしっかり見て、その後、裏側の雀をしっかり見るとよい。
奥宮参拝の前に自己祓いをするとよい。天下が取れる。
隣にある二荒山神社に参拝すること。スルーするとバチが当たる。
早朝か夕暮れに訪れるとよい。霊気がやわらかなシャワーのように降っている。
東照宮は富士山の力と北斗の力を融合し、その気によって江戸を守護するという宇宙的な役割を持つ。
日光最大の霊的スポットは天海僧正の墓。大猷院の南側にある。
日光の社殿が南向きに建てられたのは北極星を背にするため。日光山は江戸のほぼ真北にある。北は北辰(北極星)の方角で、宇宙を支配する天皇大帝(天帝)の居所。久能山から日光への東照宮遷座は徳川家康を北辰に見立てるための秘儀。日光山には空海が修行していた時に北極星が出現したという伝承がある。
東照宮の相殿神の山王神と摩多羅神(まだらしん)は北斗七星になぞらえられている。
徳川家康を祀っている。
風水を効果的に使って建てられている。今でも東京に向かって気を送り続けている。
健康運アップ。出世運アップ。
左甚五郎作の「眠り猫」から家康公墓所への道には強いパワーがある。
奥宮には正面から流れる気と横から流れる気がクロスして重なる地点がある。叶杉、宝塔前、宝塔をはさんで叶杉の向かい側の場所にパワーがある。
本地堂の鳴竜の音を聞くと土地の気の吸収率がアップする。
「日光杉並木街道」にも寄るとよい。浄化のパワーがある。
徳川家康は子孫繁栄のためには力のある土地に自分の墓を建てる必要があると考えた。その力のある土地が日光だった。家康は死後いったん駿河国の久能山に葬られたが、翌年日光に改葬された。
肉体的にも精神的にも力がみなぎる。
生命力アップ。子孫繁栄。知力アップ。
名工・左甚五郎作と伝えられる「眠り猫」は、眠っているように見せかけて実はいつでも飛びかかれる姿勢になっており、東北地方への睨みを象徴しているといわれる。また裏側に雀が遊ぶ様子の彫刻があることから、平和を象徴しているともいわれる。
陽明門には「逆柱(さかばしら)」という彫刻が逆になっている柱がある。「完成したものは滅びていくだけ」と考えた家康が1ヶ所だけ不完全なものを残し徳川家の永遠の安泰を願ったものという。
日光はもともと男体山を仰ぎ見て登頂する修行場として開かれた。
この土地のパワーを信じた徳川家康が、徳川家の繁栄のためにここに自分の墓所をつくった。
「龍」「穴」「砂」「水」すべてに強いパワーが溢れている。数百メートルにわたる広い地域に気が漂っている。
地からのパワーと日光山から流れ下る生気が東照宮のあたりに非常に強くたまる地形になっている。
すがすがしい気分になれる。
東照宮の隣にある二荒山神社にも参拝するとよい。寛容に人々を受け入れている場所。
周囲とともに発展できる。人間関係運アップ。仕事運アップ。
男体山(2486m)を祖山とするパワースポット。日光白根山や女峰山の龍脈と1つになった男体山の龍脈が中禅寺湖を経て東照宮や二荒山神社に入っている。最終的には東京まで生気を送っている。
出世運など上昇する運気を与えてくれる。勝負運アップ。願望成就。
奥宮である家康公の墓所が生気の発生源になっている。奥宮へ向かう道は龍道となっており強いパワーがある。墓所である宝塔を中心に縦と横にクロスして気が流れているので宝塔の真横と真後ろの参道で少し立ち止まるとよい。奥宮拝殿そばにある井戸水にも触れるとよい。墓所なので騒がないように。
東照宮から日光二荒山神社へ向かう参道も強力なパワースポット。
世界遺産に登録されている。
徳川家康を東照宮大権現として祀っている。
陽明門とその前の鳥居を中心に結んだ上空に北極星があり、その先には江戸の地が続くように設計されているなど東照宮は風水学に基づいて設計されている。
「眠り猫」の先にある家康公の墓所の奥宮に向かう道が強力なパワースポット。
正面の鳥居を入ってすぐに大きな杉の木のご神木がある。この杉の木には楢(なら)の宿り木があり、「杉と楢が一緒」=「好きなら一緒」という語呂合わせで恋愛にご利益があるといわれている。この木の前で永遠の愛を誓うとよい。

日光東照宮

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする