栃木県日光市のパワースポット 日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)

日光二荒山神社は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。
正式名称は「二荒山神社」であるが、宇都宮市の二荒山神社(宇都宮二荒山神社)との区別のために地名を付して「日光二荒山神社」と呼ばれる。古くは「日光三社権現」と称された。
ユネスコの世界遺産に「日光の社寺」の1つとして登録されている。

Nikko_Futarasan_Jinja_M3292

「昇っていく」「向かっていく」という性質の気がある。
人生に変化を起こす運がもらえる。
男体山を祖山とするパワースポット。
東照宮の隣にある本社と男体山山頂にある奥宮の間にあるので中宮祠という。中禅寺湖の畔にあり男体山への登山口になっている。
男体山の持つ運気をダイレクトに受け取れる。
現状を良い方向に変えてくれる。
入口から男体山を見上げることでパワーを吸収できる。

日光二荒山神社中宮祠

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする