埼玉県秩父市のパワースポット 三峯神社(みつみねじんじゃ)

三峯神社は、埼玉県秩父市三峰にある神社。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社。
秩父神社・宝登山神社とともに秩父三社の一社。拝殿の手前には珍しい三ツ鳥居がある。狼を守護神とし、狛犬の代わりに神社各所に狼の像が鎮座している。

三峰神社_拝殿

秩父神社、宝登山神社とともに秩父三社の1つとされる。
50軒の家を守っていただけるオオカミの絵が描かれた御神札がある。
御祭神はイザナギノミコト、イザナミノミコト。
御祭神は伊弉諾尊、伊弉冉尊、天之御中主神。
まっすぐで密度の濃い生気がある。とても厳しい気。心身が弱っている人は受け入れてもらいない可能性もある。
やる気が満ちている時、目標に突き進んでいきたい時に訪れるとよい。
拝殿の前、拝殿に上がる階段横の杉の木周辺がパワーが強い。
強い前向きな気持ちのある人は御眷属様の御神札をいただくとよい。1年後に神社へお返しする決まりになっている。中途半端な気持ちでいただくのは禁物。
宿泊施設の興雲閣にある「三峯神の湯」に入るとよい。』
秩父三社の1つ。他2つは秩父神社(秩父市)、宝登山神社(長瀞町)。
この地を通りかかった日本武尊が素晴らしい風景に感動し、伊弉諾尊と伊弉冉尊を祀り国家の永遠の平和を祈願したのが三峯神社のルーツとされる。
景行天皇が東国巡行された際に、この場所から雲取山、白岩山、妙法ヶ岳を一望できると知り、その三山に「三峯」と名づけ、神社には「三峯宮」と名づけたとされる。
心身が浄化される。気力・体力アップ。家内安全。子孫繁栄。縁結び。
境内に「えんむすびの木」と呼ばれる木がある。備え付けの紙に好きな人の名前を書いて納めるとよい。独身女性に人気のスポット。
白岩山を祖山とするパワースポット。雲取山、妙法ヶ岳と合わせた三山を「三峯山」と呼ぶ。白岩山は脇にあるこれらの山の気が激しくぶつかることでパワーを得ている。
三峯神社には山々の密度が高くて強い気が流れ込んでいる。
強い心を持つ人に強力な運気を与えてくれる。
目標達成の後押しをしてくれる。
明確な目標がある時などに訪れるとよい。
拝殿の前、拝殿に上がる前の石段横の杉の木周辺がパワーが強い。木に触れてパワーを吸収するとよい。
心が弱っている人を受け入れてくれる優しい気ではないので参拝する際は注意。
標高1102メートルの高海抜地帯にある神社。
日本武尊が国の平和と人々の幸せを祈りイザナギノミコト、イザナミノミコトの二神を祀ったのが始まり。
日本武尊の道案内をしたのが狼といわれており、三峯神社の眷属は狼(山犬)といわれている。
三峰山という名も日本武尊が付けたといわれる。
三峰山の名の由来である雲取山・白岩山・妙法ヶ岳の3つの峰はきれいに連なっており、このような秩序だった形の高い山を多数もつ山の形勢を「進龍」という。進龍によってできるパワースポットでは土地の持ち主は非凡な文才を持ち富貴に恵まれる。
清くヒンヤリとした気を感じる。
自営業、会社経営、一匹狼的な仕事をする人、文筆家などは訪れると良い。
孤独感に悩む人も訪れるとよい。強く歩める自分になれる。
どんな困難に直面しても切り抜けていく粘り強いパワーを授かる。
自分ではどうにもならないような事態に直面したときなどに訪れると良い。
進取の気持ちを後押ししてくれる。
御札には三峯神社の眷属である狼の強い霊力が宿っており強力なご守護をいただける。

三峯神社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする