千葉県成田市のパワースポット 麻賀多神社(まかたじんじゃ)

麻賀多神社は、千葉県成田市台方にある神社である。式内社で、旧社格は郷社。印旛郡市に18社ある「麻賀多十八社」の惣社である。
1944年(昭和19年)6月10日に日月神示が降ろされた場所としても知られている。

daikata06

この神社の境内に天之日津久神社(あめのひつくじんじゃ)という末社がある。画家であり神道家でもあった岡本天明が、この天之日津久神社に参拝後、社務所で休んでいたら、突然右腕が動き出し自動書記が始まった。これが後に「日月神示」「ひふみ神示」「一二三(ひふみ)」と呼ばれる天啓の発祥。この自動書記は16年間もの長きに渡って断続的に続けられたという。

千葉県成田市台方1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする