千葉県のパワースポット 養老渓谷(ようろうけいこく)

養老渓谷は、千葉県夷隅郡大多喜町から市原市を流れる養老川によって形成された渓谷。春はツツジ、フジ、秋には雑木の紅葉が美しく、ハイキングコースも整備されている。弘文洞跡という隧道の跡がある。中心地は大多喜町と市原市の境界付近。千葉県道81号市原天津小湊線沿いに旅館や土産物屋が建ち並ぶ。養老渓谷温泉や秋の紅葉狩りにより、当渓谷の西側にある梅ヶ瀬渓谷とともに千葉県内有数の観光地となっている。
2007年、日本の地質百選に選定された(「養老渓谷・黒滝不整合」)。周囲は「県立養老渓谷奥清澄自然公園 」に指定されている。

f0018464_20554090

養老川によってつくられた渓谷。
粟又の滝、水月寺、梅ヶ瀬渓谷、観音橋など養老八景と呼ばれる観光スポットがある。
古代の叡智が甦ると言われている。

千葉県夷隅郡大多喜町養老渓谷

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする