北海道余市郡余市町のパワースポット 西崎山環状列石 (にしざきやまかんじょうれっせき)

西崎山環状列石は北海道余市郡余市町栄町にある列石である。

余市の町から西に5kmの位置に西崎山があり、この西崎山の尾根にあるのが西崎山環状列石、通称ストーンサークルだ。小樽と余市を結ぶ抜け道のフルーツ街道の西崎山トンネルの余市側出口そばにわき道があり、この坂を登るとちょうどトンネルの真上に当たる位置に駐車場がある。この駐車場から99段の階段を登り、尾根沿いに100mほど歩くとストーンサークルが見えてくる。石を円形に並べて中心に棒状の石を立てた特殊な遺構で、配石の間から縄文時代後期中頃の土器が出るとともに、配石の下にも直径50cm、深さ70cmほどの穴があり、中からは燐分が検出されているため、この穴は遺体を埋葬した墓と考えられている。周囲は円形に柵で囲われていて中に入ることはでないが、柵がなければ石が並んでいるだけで円形かどうかわからないのが残念なところだ。ここは標高70mの山の上にあり、海への視界が開けているので余市の町外れを見下ろせるだけでなく、日本海を挟んだその先には余市を代表するシリパ岬が一望でき眺めもまずまずだ。さらにストーンサークルの周囲には桜の木もあり毎年5月中旬になると見頃を迎える。

01408af2170017471_1

  • 忍路や地鎮山の環状列石に比べて人間により近いエネルギーを持つ。
  • 忍路が父、地鎮山が母とすれば、西崎山は子供という感じのエネルギー。
  • ソーラープレクサス・チャクラの活性化を助けてくれる。
  • 瞑想して自分と向き合うのにピッタリのスポット。
北海道余市郡余市町栄町西崎山環状列石

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする