北海道旭川市のパワースポット 神居古潭(かむいこたん)

北海道旭川市にある石狩川有数の急流地。

アイヌ語で神の住む場所という意味です。

DCF 1.0

DCF 1.0

昔、神居古潭にはニッネカムイという魔神が住んでいて、石狩川に岩を投げ込んだりしてアイヌの人々を苦しめていた。山の神のクマが岩を取り除き川の流れを元に戻したら、ニッネカムイが怒って襲いかかってきた。そこに善神であるサマイクルが駆けつけニッネカムイを斬り殺した。サマイクルが斬りつけた跡のエムシケシ、魔神が踏み抜いた跡であるニッネカムイ・オラオシマイなどと名付けられた岩があるんだと。

神居古潭

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする