北海道上川郡比布町のパワースポット 比布神社(ぴっぷじんじゃ)

北海道上川郡比布町にある神社である。

比布神社の御創祀は北海道開拓の志しに燃え、本町に入植した有志により、明治32年、石狩川河畔の瀬棚山に小祠が建立されたのに始まり、同35年、市街地区にも小祠が建立され、共に天照皇大神を祀り比布神社と称し、開拓の成就、家内安全、郷土の繁栄と守護を祈念し祭事を行っていた。大正15年に現社殿のご造営が成り、両社を合祀の遷座祭が斎行され、同年内務省より村社に列せらる。昭和28年、神社本庁所管の宗教法人となり、同46年に社務所新築、同54年には社殿を改築して現在に至る。また、開道百年、御創祀70年の昭和43年に開拓礎の宮を社殿相殿に奉祀し、更に昭和60年、昭和天皇御在位60年の佳年に大雪夫婦道祖神を境内ツツジが丘に奉祀する。平成10年には御創祀百年を迎えた。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
開拓礎の宮

hk-biei01w

  • 深くて穏やかで凛としていて崇高な場所。
  • 細かい砂利が敷かれた参道を歩くと、砂利の奏でる音が心地よい。この上を歩くだけでマイナスエネルギーがスルスルと体から抜けていく。
  • 境内には道祖神やむすびの石などがあり、これらの石からは陽のパワーが放たれている。特にパワーが強いのが大きな橙色の岩。この橙色の岩の前に立つと優しい気が満ちてきて癒される。
  • 「比布」という地名はアイヌ語で「石の多いところ」という意味で、この地方ではイワクラ系の儀式が盛んに行われていたようだ。
  • 本殿も荘厳でパワーがある。強い渦のようなエネルギーが降りてくる。宇宙のパワーがみなぎっている。
  • 白い鳥居の前には男性エネルギーを強く放つ岩が置かれている。本殿に参拝した後にこの岩の近くに行きパワーを受け取るとよい。優しい気持ちになり明日への活力がみなぎってくる。この岩と、本殿の左に祀られている女性的なエネルギーを放つ岩の両方をつなぐようなイメージで瞑想するのも良い。
  • この神社には「つなぐ」「陰陽のバランス」などのご利益がある。パートナーとのつながりや、自分自身の男性性・女性性のバランスが崩れている時などに参拝するとよい。
比布神社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする