北海道川上郡弟子屈町のパワースポット 摩周湖(ましゅうこ)

摩周湖は、北海道川上郡弟子屈町にある湖。日本でもっとも、世界ではバイカル湖についで2番目に透明度の高い湖である。2001年には北海道遺産に選定された。急激に深くなっていることとその透明度から青以外の光の反射が少なく、よく晴れた日の湖面の色は「摩周ブルー」と呼ばれている。

mashuu

  • 摩周湖はアイヌ語ではキンタン・カムイ・トーと呼ばれる。山の神の湖という意味。
  • 湖の東にある摩周岳はカムイヌプリ(神の山)と呼ばれ、摩周湖の守り神。
  • 湖の真ん中あたりにあるカムイシュ島は観音菩薩がカムイヌプリを見上げるような顔の形をしている。
  • 澄んだ和音のような気。
  • 心身浄化。
    • 「霧の摩周湖」といわれ、なかなか姿を現さない湖。
    • 出入する川がない。
    • 世界有数の透明度を誇る。
    • ほとんど水位が変わらない。
    • カムイシュ島は高さ約240メートルの火山。頂上部分が水面上に出ている。
    • 癒し。
      • 未婚者が初めて訪れた際に霧のない湖を見ると婚期が遅れる。
      • 湖の中にカムイシュ島という島がある。アイヌ語で「神となった老婆」の意味。戦ではぐれた孫を探し続けた老婆が動けなくなって島になってしまったという伝説がある。この島の周辺に人間が近づくと雨や雪が降るといわれる。
        • 「霧の摩周湖」と呼ばれるように、霧が湖面を覆っていることが多く、湖の全景をめったに見ることができない。「霧のない摩周湖を見た人は結婚が遅くなる」という話もあるとか。
        • 湖には浄化のエネルギーがある。
摩周湖

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする