北海道札幌市のパワースポット 北海道神宮(ほっかいどうじんぐう)

北海道神宮は、北海道札幌市中央区にある神社。円山公園に隣接する。1964年(昭和39年)までは札幌神社。旧官幣大社であり、現在は神社本庁の別表神社。また、全国一の宮会より蝦夷国新一の宮に認定されている。

1

札幌を風水的に見ると、西は余市岳から、南は恵庭岳からの龍脈がきている。北西側は日本海に抜けており北西からの寒気を受けざるをえない立地。石狩川が東北の守り。
北海道の国魂神社(土地神様)。その土地の仕事、住まい、恋愛など様々な縁を結んでくれる。
第三鳥居をくぐると金運がアップするという話があるが、くぐっても特に変化なし。
第三鳥居を少し行ったところにある穂多木(ほたき)神社に金運アップのご利益あり。謙虚な気持ちで人と向き合うことができるようになる。
開拓神社には初心を貫く気持ちが強くなるご利益がある。
本殿には童心に戻ってリラックスできるご利益がある。
頓社(とんしゃ)の右側の狛犬をなでると恋愛運がアップする。学校での恋愛成就などによい。あまり強力ではないが、ちょっとしたラッキーな流れが生まれる程度のご利益がある。
1871年に現在の場所に社殿が建立され「札幌神社」と名づけられ開拓三神(大国魂神、大那牟遅神、少彦名神)を祀った。1964年に明治天皇を合祀したのを機に「北海道神宮」に改称した。
旺盛な開拓精神を授かる。
厳しい状況に耐えて勝つパワーを得られる。
人間関係の調和。
花見の名所としても人気。
初詣の参拝者数は道内一。
円山の北の麓にある神社。円山は金星の吉相の形をしている。北海道神宮は円山からのエネルギーの影響を色濃く受けている。
北海道神宮は円山からなだらかに平地へと移行してゆく場所にある。このような緩やかな傾斜は風水では「平化陽」と呼ばれ吉地とされる。
北海道神宮の境内には豊富な陽の気が集まっている。
元気のない時、落ち込んでいる時などに訪れて境内でしばらく過ごすと良い。
一歩踏み出す勇気が欲しいときなどにもよい。
勝負運、恋愛運、縁結び、金運などのご利益がある。

北海道札幌市中央区北海道神宮

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする