青森県青森市のパワースポット 石神神社(いしがみじんじゃ)

石神神社は青森県青森市入内にある神社である。

646739ff3f50d12e631a7e18328f3acc

  • 社殿の裏に「石神様」と呼ばれる人面岩がある。右目が天照大神(アマテラスオオミカミ)、左目が月読之命(ツキヨミノミコト)をあらわすとされる。
  • 石神様を発見したのは長内弥十朗という杣人(「そまびと」と読む。きこりのこと。)。弥十朗は眼病を患っていたが、ある日、山にある清水で目を洗うと眼病が治るという不思議な夢を見た。翌日、普段通り山に入った弥十朗は夢とまったく同じ風景の場所に出て、そこで石神様を発見する。石神様の右目の窪みには水が溜まっており、その水で目を洗ったら夢と同じようにたちまに眼病が治ってしまったという。以後、石神様は眼病に霊験あらたかであるということが広まり信仰する者が多くなっていった。
  • しかし明治の初めに、神社の形態が整ってないとの理由で石神様信仰は禁止され、石神様を破壊する石工が派遣されてきた。ところが、いざ破壊しようとすると石工の手足がしびれたり氷雨が降るなどの怪異が頻発したため、破壊は中止されてしまった。その後、明治38年に石神神社は再び神社として認められ今日に至っている。
青森県青森市大字入内字駒田93-3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする