青森県十和田市のパワースポット 十和田神社(とわだじんじゃ)

十和田神社は青森県十和田市にある神社である。

towadajinjahonden

恐山、川倉賽の河原地蔵とともに北東北の三大霊場と称されている。
占場がとくにパワーが強いとされる。占場に行くには鉄梯子を使う箇所があるが、そこでは不信心者は途中で足が震えて目がくらむという言い伝えがある。
負のスパイラルから救い出してくれる。

決断できずにいる人や、進むべき道が見い出せずにいる人の背中を押してくれる。

十和田神社の祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)。もともとの土地神を抑えこむために祀ってあるような感じがする。平定されていった縄文人たちの深い悲しみのようなものに想いを重ねることができれば湖や大地が喜び自分自身も癒される。
水辺で瞑想するとよい。
湖に気持ちを合わせ、湖を癒すイメージを持つと深くこの場とつながれる。

馬跡崩洪(ばせきほうこう)という吉相の地に建っている。エネルギーが多く集まる。陽の気が強く活力に富む。
気分転換や気力充実、発想力強化などにおすすめ。
精神的停滞、倦怠感、うつ病改善などにもよい。

参道から拝殿までは清々しいエネルギーがある。占場までの道は厳しい真剣なエネルギーに満ちている。
自分自身を見つめなおしたいときに訪れるとよい。
遊覧船で船上参拝することもできる。

ここで「十句観音経」または「八大龍王のお経」を唱えると強力な力のシャワーを浴びれる。
自殺願望などがある場合は、「太上清静経」を三回読み上げれば死の世界の恐ろしさが伝わってきて、二度と自殺など考えなくなる。
同じ失敗を繰り返さなくなる。
遊び半分で行かない方がいいスポット。恋愛成就などは願わないほうがよい。

選択の意志を授けてくれる。良き選択が出来るようになる。
霊的な未来予知力が高まる。
神社の裏の方に人生を占える場所がある。コインを包んで湖に投げ、真っすぐ沈めば願いが叶うと言われている。
夜明けに訪れるのがベスト。

十和田神社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする