青森県青森市のパワースポット 三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)

三内丸山遺跡は青森県青森市大字三内字丸山にある、縄文時代前期中頃から中期末葉の大規模集落跡。沖館川右岸の河岸段丘上に立地する。2000年に国の特別史跡に指定。遺跡跡には住居群、倉庫群のほか、シンボル的な3層の掘立柱建物が再現されており、資料館もある。2007年12月現在、青森県教育庁文化財保護課三内丸山遺跡保存活用推進室が発掘調査を行っている。

sannai_top

岩木山が玄武。龍脈はほとんど来ていない。
八甲田が白虎。八甲田からの龍脈が西側の丘から遺跡中枢に入っている。
津軽山地が青龍。
高森山が朱雀。
2つの盛土と巨大木柱に囲まれた空間が穴。
三内丸山縄文人の時空意識は次のような感じ。太陽の昇る東の高森山は誕生の地(過去)、三内丸山は今を生きる地(今日)、太陽の沈む西の岩木山は死滅の地(未来)。
冬至の頃、巨大木柱の真ん中に夕日が沈む。巨大木柱の東の地にたくさんの子供の墓がある。冬至は陰陽が交差し不思議な霊力が生まれる時。三内丸山は亡くなった子供たちの再生を冬至の頃に願う祈りの丘。
壮大なスケールの縄文遺跡。
時空を超えられる場所。太古と深くつながり落ち着ける。
自分の悩みがちっぽけなものに思えてくる。
ボランティアの方がガイドをしてくれるのでお願いしてみるとよい。
気持ちのよいスポットを自分で探してグラウンディングをするとよい。深呼吸をして、第1チャクラ(尾骨の下あたり)から大地のエネルギーとつながるイメージを持つ。また第7チャクラ(頭頂)から宇宙とつながるイメージを持つとより深くこの場とつながれる。執着心を捨て大らかな心で訪れるとよい。
この場所で懐かしさを感じたら、遠い昔に縄文人としてここに住んでいたのかもしれない。
素直になれる。

青森市三内字丸山305

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする