青森県三戸郡新郷村のパワースポット キリストの墓(きりすとのはか)

キリストの墓は青森県三戸郡新郷村のキリスト伝承館にある墓である。

E382ADE383AAE382B9E38388E381AEE5A2936-266e8
イエス・キリストの墓である「十来塚」と、弟のイスキリの墓である「十代塚」がある。昭和10年に竹内巨麿(きよまろ)が発見したとされる。巨麿の家に代々伝わる竹内文書に書かれていたという。竹内文書によると、イエスはゴルゴダの丘で処刑されておらず、シベリア経由で日本に渡ってきており、十来太郎大天空と名を改めこの地に住み着いたそうである。そしてミユ子という妻との間に3人の女の子をもうけ106歳まで生きたという。ちなみにゴルゴダの丘で磔にされたのは弟のイスキリの方。
このあたりは昔「戸来村(へらいむら)」と言ったが、その名の由来は「ヘブライ」が訛ったものだという。
この地方の盆踊り「ナニャドラヤ」は地元の人なら誰でも知っているが、歌詞の意味は誰も知らない謎の唄。古代ヘブライ語で「主を讃えよ」という意味だという説もある。
イエス・キリストのエネルギーとつながることができるパワースポット。人々のまじめな信仰に支えられイエスのエネルギーとつながれるようになったようだ。
イエス・キリストの墓の前に立ち、心の中でイエスに呼びかけてみるとよい。イエスのエネルギーとつながれる。キリストの本名である「サナンダ」で呼びかけるとよりつながりやすい。
墓の近くにあるキリストの里伝承館にも立ち寄るとよい。
毎年6月の第1日曜日にキリスト祭りを開催している。ナニャドラヤも見学できる。
勝負運、恋愛運、健康運、厄除けなどのご利益がある。
ゴルゴダの丘で処刑されたはずのイエス・キリストだが、実は密かに青森県に逃れてきていて、そこで生涯を終えたとの伝説がある。ゴルゴダで処刑されたのはイエスの弟・イスキリならしい。

キリストの墓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする