青森県、秋田県のパワースポット 白神山地(しらかみさんち)

白神山地は、青森県の南西部から秋田県北西部にかけて広がっている標高1,000m級の山地(山岳地帯)のことをいう。 白神山地は、屋久島とならんで1993年(平成5)12月、日本で初めてのユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録された。 そこには「人の影響をほとんど受けていない原生的なブナ天然林が世界最大級の規模で分布」(世界遺産登録理由)している。白神山地の名称は、昭和29年発行国土地理院地勢図で使われている。また、世界遺産登録以前には弘西山地(こうせいさんち)とも呼ばれていた。

白神山地2
浄化。人間関係の念や電磁波が取り除かれスッキリする。
癒し。健康運アップ。若返る。
深呼吸したり木の幹に触れたりしてパワーをもらうとよい。
秋の紅葉の時期に訪れると恋愛運アップ。

白神山地

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする