秋田県仙北市のパワースポット 田沢湖(たざわこ)

田沢湖は、秋田県仙北市にある淡水湖。日本で最も深い湖であり、国内で19番目に広い湖沼である。その全域が田沢湖抱返り県立自然公園に指定されており、日本百景にも選ばれている景勝地である。1956年(昭和31年)から2005年(平成17年)まで存在した自治体である田沢湖町の名の由来であり、現在も旧田沢湖町の区域の地名冠称として使われている。

img_0

水の気を持つパワースポットといわれている。
恋愛運アップ。ビューティー運アップ。
湖の周辺をゆっくり散策するとよい。
御座石神社から、たつこ像までの湖畔沿いがラッキーエリア。
白浜もパワーが強く、裸足になって歩くとよい。
秋田名物の比内鶏は金運アップによい。きりたんぽは運の土台を強くできる。比内鶏のスープでいただくきりたんぽ鍋は最強の金運フード。
水の気が強い場所ではイタリアンなどの陽の気を持つ食事をするとよいとされている。
岩手山からの龍脈が三ツ石山、烏帽子岳、秋田駒ヶ岳などを経て田沢湖に流れ込んでいる。
眺めているだけで運気が清浄化される。
女性的な優しさを持つパワースポット。
ゆっくりと過ごすと運気をよく吸収できる。
御座石神社のあたりがパワーの強い場所。特に鳥居をくぐってすぐの大木のあたりが最も強い。
七種木(なないろぎ)や雨乞石にも強いパワーがある。
湖畔で夕日を眺めると金運がアップする。
健康運、恋愛運、縁結びなどにご利益がある。
冬の間も凍らない不思議な湖。
日本で一番深い湖といわれている。
辰子という娘が龍神となって湖を守っているという。

秋田県仙北市田沢湖

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする