秋田県のパワースポット 八郎潟(はちろうがた)

八郎潟は、秋田県にある湖。二級河川馬場目川水系に属する。かつては面積220km²と、日本の湖沼面積では琵琶湖に次ぐ第2位であったが、大部分の水域が干拓によって陸地化されたことで知られる。陸地化によって陸地部分が大潟村になった。現在では日本の湖沼において18位の面積である。八郎湖や、八郎潟残存湖といった別名でも呼ばれる。
狭義には、南東部の八郎潟調整池のことを指し、現在八郎潟のデータとして示されるものの多くはこの八郎潟調整池のものである。
広義には、干拓前の八郎潟の範囲を反映した八郎潟調整池、東部承水路、西部承水路の総称である。2007年12月、この範囲が八郎湖として湖沼水質保全特別措置法の指定湖沼となった。

121008_1224

八郎潟はかつて日本で2番目に大きい湖だった。しかし戦後の食糧不足を解消するために大部分が干拓された。
奥羽山脈のパワー、日本海のパワー、大地のパワーが集結している。
開拓精神アップ。
ピンチを乗り越える力アップ。
自己表現力アップ。

南秋田郡八郎潟町

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする