岩手県西磐井郡平泉町のパワースポット 毛越寺(もうつうじ)

毛越寺は、岩手県西磐井郡平泉町にある天台宗の寺院。開山は円仁(慈覚大師)と伝える。現在の本尊は薬師如来、脇侍は日光菩薩・月光菩薩である。
境内は「毛越寺境内 附 鎮守社跡」として国の特別史跡、庭園は「毛越寺庭園」として特別名勝に指定されている。2011年(平成23年)6月26日、「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」の構成資産の一つとして世界遺産に登録された。
平泉中尊寺、松島瑞巌寺、山形立石寺と共に「四寺廻廊」という巡礼コースを構成している。

a2d044d0-4e9f-46ef-b91a-38966cc2c3dd

本尊は薬師如来。病気平癒などにご利益のある仏様。薬師如来が左手にもっている壺には、あらゆる病を治してしまう霊薬が入っているとされる。
強い金の気がある。
近くにある中尊寺を先に訪れて悪運をリセットし、その後に毛越寺を訪れるとよい。
金の気は水に集まる。大泉が池の周辺は全域がパワースポット。
池沿いの道の真ん中に生えている巨木、鐘楼跡がパワーが強い。
金の気が強い土地はネガティブ志向の人を好まない。
空腹だと気の吸収力が弱まるので、食事をしてから行くとよい。
南部鉄器で金運アップ。
栗駒山を祖山とするパワースポット。
強い金の気がある。それを「大泉が池」がさらに増幅させ「豊かさ」を生み出している。人生が楽しくなるパワースポット。
南大門跡付近の道の真ん中にある巨木から強い生気が出ている。
鐘楼跡の周囲も強い気を発している。
笑顔で過ごすと運気がさらに増幅される。
甘いものを食べたりすると運気をよりよく吸収できる。空腹だと運気の吸収が弱まるので注意。
850年に慈覚大師円仁によって開山された。奥州藤原氏によって多くの伽藍が建立された。
敷地内にある浄土庭園は「背山面水」の風水構造をしており吉相。山と水の調和がとれており高ぶった神経を落ち着かせてくれる。
精神的に追い込まれている人、神経衰弱・胃腸神経症を抱える人などは訪れるとよい。

岩手県平泉町字大沢

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする