岩手県のパワースポット 早池峰山(はやちねさん)

早池峰山は、岩手県にある標高1917mの山。北上山地の最高峰で日本百名山、新日本百名山、花の百名山、新・花の百名山及び一等三角点百名山に選定されている。六角牛山、石上山と共に「遠野三山」と呼ばれる。山頂は宮古市、遠野市、花巻市の3つの市の境界となっている。
古くから早池峰ともいい、日本百名山にもその名で収録されている。

sokuhaya06
修験道のエネルギー、天狗信仰のエネルギーが強く感じられる。
山頂に近づくほど岩が多くなり、木が少なくなる。岩は神のエネルギーを降ろすとされ、早池峰山全体が岩によって強いエネルギーを受けている。
なだらかな山で、麓全体にエネルギーが広がっている。
早池峰神社は山の神社にありがちなビリビリした強いエネルギーではなく、穏やかなエネルギーが感じられる。
岩手山の男神に対して、早池峰は女神とされてきた。早池峰神社には水や滝を司る瀬織津姫が祀られている。瀬織津姫の浄化のエネルギーが感じられる。
精神的に修行したい時、自分を高めたいとき、見つめ直したい時に訪れるとよい。頭をカラッポにして登るとよい。
山頂には特別天然記念物に指定されている「ハヤチネウスユキソウ」が咲く(6月下旬~7月頃)。
本州で唯一アカエゾマツが自生している。
岩手山を祖山とする。
騎龍穴をもつ。
木星の山で発展の気をもつ。
ぜひ頂上まで行くとよい。
活力向上。
水に関係する職業の人におすすめ。

岩手県花巻市早池峰山

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする