山形県、秋田県のパワースポット 鳥海山(ちょうかいざん)

鳥海山は、山形県と秋田県に跨がる標高2,236mの活火山。山頂に雪が積もった姿が富士山にそっくりなため、出羽富士(でわふじ)とも呼ばれ親しまれている。秋田県では秋田富士(あきたふじ)とも呼ばれている。古くからの名では鳥見山(とりみやま)という。鳥海国定公園に属する。日本百名山・日本百景の一つ。2007年(平成19年)に日本の地質百選に選定された。

b5

スピリチュアル的な理想に邁進できる力を授けてくれる。
心のモヤモヤを吹き払い晴れ晴れした気持ちにしてくれる。
三万年ほど昔、この山の中にストーンサークルを作った人たちが居て、その人々はサイキックパワーで周囲の人々を助けていたといわれている。セラピストなどの職業をしている人はこの山のパワーをいただくことにより、より才能を開花できるとのこと。
5月、10月に訪れるのが良いらしい。

山形県飽海郡遊佐町吹浦

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする