山形県飽海郡遊佐町のパワースポット 鳥海山大物忌神社(ちょうかいさんおおものいみじんじゃ)

鳥海山大物忌神社は、山形県飽海郡遊佐町にある神社。式内社(名神大社)、出羽国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。

b2d05c258ba619ed06e616c03c50bdca

大物忌とは不浄を嫌うという意味。強い浄化力がある。
やる気アップ。眠れる才能の開花。
生半可な気持ちの人は受け入れてもらえないという。
鳥海山(2236m)を祖山とするパワースポット。鳥海山の龍脈のひとつが吹浦口之宮付近にも来ているが龍脈からは多少外れている。
若さ、発展、生命力などを与えてくれる。自分や周囲の間違いを正してくれる。
鳥海山はブルーのオーラを放っている。すぐには人を寄せ付けない気高い山。不浄を嫌い強い浄化力をもっている。しっかりとした志を持って向き合うことが大事。
吹浦口宮の拝殿の前にパワーが集まっている。
鳥海山大物忌神社は、本宮本殿、吹浦口の宮、蕨岡口の宮の三社からなる。
大物忌神は金色に輝く爽やかな感じのナマハゲの姿をしている。正体は彦火火出見之尊。
外敵の侵入を防ぐ。民を守る。邪気を払う。邪に歪んだ心を正す。

山形県飽海郡遊佐町大字吹浦字布倉1番地

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする