山形県山形市のパワースポット 立石寺(りっしゃくじ)

立石寺は、山形県山形市にある天台宗の寺院。山号は宝珠山。本尊は薬師如来。山寺(やまでら)の通称で知られ、古くは「りうしゃくじ」と称した。寺号は詳しくは宝珠山阿所川院立石寺(ほうじゅさんあそかわいんりっしゃくじ)と称する。古来、悪縁切り寺として信仰を集める。蔵王国定公園(第2種特別地域)に指定されている。平泉中尊寺・毛越寺、松島瑞巌寺とともに「四寺廻廊」という巡礼コースを構成している。

DSCF0190

860年、円仁が開山。
近くの千手院に行くとよい。立石寺を構成する七院の1つ。自然の厳かさを感じられる。円仁が修行したと伝えられる岩窟がある。
貞観2年(860)、清和天皇の勅願により慈覚大師が開いた。
通称「山寺」。
根本中堂はブナ材の建築物としては日本最古。
五大堂からの眺めは山寺随一。
執着を癒し進展の力を授かる。
御本尊は、薬師如来、阿弥陀如来、観世音菩薩など。
松尾芭蕉の「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の句で有名。
1500段ある階段を一段一段登るごとに煩悩が消えていく。
悪縁切り。

山形県山形市大字山寺4456-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする