宮城県、山形県のパワースポット 蔵王(ざおう)

蔵王連峰は、東北地方の中央を南北に連なる奥羽山脈において、宮城県と山形県の両県南部の県境に位置する連峰である。主峰は山形県側に位置する熊野岳(1,841m)。
玄武岩、安山岩の成層火山群の活火山であり、常時観測対象の47火山に含まれる。火口湖の御釜や噴気口が見られ(いずれも宮城県側)、火山の恩恵である温泉が両県の裾野に数多く存在し、スキー場も多く設置されている。両県における主要観光地の1つ。
ここでは蔵王連峰、蔵王連峰に中央分水界を含めた蔵王、及びその周辺について記述する。

蔵王連峰

大地の気が強いので、できれば歩いて登るとよい。
天の気も降りてきている。
仕事に行き詰ったときや、これまでの方針を変えるときに行くとよい。
一発勝負に挑むとき、一発逆転したいときなどにもよい。

山形県山形市蔵王

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする